呼吸の料理(CIB)オンライン講座 – 2011-2017 – Ygg Laboratory (ユグラボ)

呼吸の料理(CIB)通信講座

CIB(呼吸の料理)通信講座も、気づけば早3周年!
料理で呼吸を意識すると、日常の自由度、快適度もあがっていくという、料理の枠にとらわれない通信講座です。

  • HOME
  • 呼吸の料理(CIB)オンライン講座

こんな事って感じたことありませんか?

  • 一度食べただけで、レシピを見なくても料理が作れたらいいのに・・・
  • 今の季節や、今日の自分にあった「食」や「食材」を選ぶ事ができるようになったらいいのに・・・
  • マクロビや薬膳、アーユルベーダー、、、色んなアプローチがあるけど、どれが自分にあっているんだろう?

情報がたくさんある現代で、料理や食に関する悩みはきっとたくさんあるんじゃないでしょうか?でも、ある一つの調理法だけで全てが解決することができるとしたら、どう思いますか?? その調理法は、「呼吸の料理」と言います。頭でなくカラダの感覚を磨いて調理していく方法です。 頭を使うことが多すぎる現代人には、とても役に立つと思います。

呼吸の料理通信講座へのご参加はコチラから

呼吸の料理ってどんなもの?
料理?ライフマネジメント??

素材の良さを活かした料理を、誰でも簡単に作れるようになる調理法です。

呼吸の料理を覚えると、冷蔵庫を開けたときに、ある食材でその食材の美味しさを活かした料理が作れるようになります。当たり前のことかもしれませんが、案外献立に悩むことって意外に多いですよね。「レシピは自分で考えず、食材に訊く」料理のプロが皆当たり前にやってそうな事が自分にも出来たら、料理がきっと楽しくなると思いませんか?呼吸の料理は、誰でもそんな風に料理ができるようにカラダの仕組みを使って料理する調理法です。

自分で頑張らない料理

意外かもしれませんが、実は、西洋料理のほとんどの味付けが塩味のみで出来ています。和食でも塩と醤油がほとんど。どの料理も、素材の味を調味料で引き立てるという発想で出来ているんです。調味料で「素材に味をつける」事をやめて、調味料で「素材の味を引き出す」事をすれば、自分で味付けを考える必要なんて無くなります。でも、それを上手にやるには、「塩梅(あんばい)」のコツを身につける必要があります。呼吸の料理を覚えると、塩梅の加減も上手になります。今日から料理は、素材まかせ、あなたは任せ名人です。

人生が上手くいく料理?

素材に任せるのが上手くなってくると、自然と素材の良さやエネルギーも料理に活かされてくるようになります。料理には、美味しさだけでなく、毎日を過ごすエネルギーになるという大事な側面もあります。素材のチカラが活かされた料理を頂く事で、閃きがよく起こるようになったり、今まで億劫だった事にチャレンジ出来るようになったり、自分のライフスタイルが大きく変わってしまうかもしれません。食べ物の調理の仕方を変え、料理の質をあげる呼吸の料理は、人生が上手くいき、特別な知識もいらず、エコで経済的な調理法です。(なんて言い過ぎでしょうか・・・)

自分に合う食を選択できるようになる

実は、任せ上手になるともう一ついいことが、オマケで付いてきます。星の数ほどある「食」の情報の中から、「今の自分」にあった食を、頭で選ぶのではなく、体に聞いて選択していく事ができるようになります。元々人には、知識に関係なく、自分にとってプラスに働くものとマイナスに働くものを、見分ける仕組みが備わっているんですが、現代人は感覚よりも頭を使いすぎで、感覚を使うのがちょびっと下手になっています。ヨガや気功なんかでは常識だったこのカラダの仕組みですが、最近ではボディワーカーやセラピストの間でも常識になってきました。情報が溢れる今に役に立つ事は間違いないと思います。

ココロとカラダを満たす料理

呼吸の料理は、料理の枠にとらわれない、ライフマネジメントのような調理法です

東洋哲学では、カラダや生まれた親や環境など自分では変えられない命が宿った場所を「宿命」といい、その命をどう運ぶかを「運命」と言っています。そして、宿命は変えられないけれど、運命は変えられると言っています。

そう考えると、食は、最も宿命に身近なものですが、風邪を引いている時は気分が下がってしまうように、カラダを通してココロをケアすることは、自分が心地良い状態を保つのにとっても役に立ってくれます。運命は、別の言い方をすれば、ココロが人生でどういう選択をしていくかということなので、カラダからのココロのケアは僕らが思うよりもずっと大切なものになってきます。

ココロが心地良い状態なら、心地よい選択が出来るし、心地良い人生が送れる、今の自分にあった食を頭だけの知識でなく、カラダの感覚として選ぶことができるようになる、「呼吸の料理」は、運命を変える料理、人生が内から輝きだす料理だといったら言い過ぎでしょうか?

ココロとカラダを意識すると、
結果的に料理は美味しくできる

呼吸の料理は、自分にあった食が選べるようになるだけの方法でなく、料理もちゃんと美味しく作れるようになる方法です。

普通、料理を作るときにはレシピをみますが、レシピを見るといつの時期でも同じ分量で書かれています。でも、作る材料は、季節によって水分量が多かったり、少なかったりして、レシピ通りに作ることで帰って微妙な出来になってしまうことって実は結構あります。

呼吸の料理を身につけると、調味料のあんばいや火の入れ加減が上手くなり、料理上手になります。料理を簡単に美味しくするコツは、自分で作ろうとするのではなく、素材の声に耳を傾け、素材を活かすように調理する事だからです。

日本や世界でも、いたって普通な考え・・・

素材の声に耳を傾けるなんていうと、難しく聞こえますが、日本でもヨーロッパでも、結構みんな当たり前にやっていることなんですね。特に日本食では、素材の味を引き出すというところをとても大切にしていますね。

ところが、知識では誰もがそのことを知っていながらも、実際にやってみると味加減や火のいれ加減、食材の組み合わせを思いつくのができない事が難しかったりします。知識として頭に入っているだけでは、役に立たないんですね。そこで「呼吸の料理」の出番が来るというわけです。

「呼吸の料理」を身につけると、、、、

・味付けや調理の微妙な加減が
・勘ではなく体の感覚としてわかるようになります。

味のあんばいや調理(火入れ)の加減もバッチリ

せっかく美味しい食材を買っても、しょっぱすぎたり、塩が足りなかったり、辛すぎたりすれば台無しですし、焼きすぎたり煮すぎたりすれば食欲も遠のいてしまいます。

でも、この調理法を使えば、味や調理の加減を食材に合わせて、柔軟に変え、素材の味を引き出す味付けや調理ができるようになります。あまり意識されていませんが、料理の味の7割くらいは食材自身の味です。素材を活かし、活かす味付けを身につけると、味付けがとても上手になります。

調味料も圧倒的に少なくなる

味や調理の加減がわかると、調味料も圧倒的に少なくなります。素材の味わいだけでなく、甘みや美味しさも引き出す事ができるので、スープを作るときにもダシを使わなくなったり、料理に砂糖やみりんを使わなくても、甘くて美味しい料理ができるようになります。合わせ調味料をたくさん買って冷蔵庫がぐちゃぐちゃになる事なく、シンプルな味付けで美味しい料理ができるようになります。

世界中の料理が、
レシピなしで作れるようになります。

料理の味付けや、調理の加減のコツを身につければ、あとは食材の組み合わせ方をしるだけで、どんな国のレシピでも作ることができます。例えば、外食した時に食べた美味しい料理も、何が入っているかわかれば、レシピに頼らずに自分で作ることができるようになるわけです。もちろんムースやプリンなどの形を保つようなレストランのお料理は少しコツがいりますが、調理と味付けのバランス感覚があれば、自分の料理が一気にグローバルなものに変身します。

野菜だけで、肉魚に負けない
美味しい料理ができるようになります。

この調理法を身につけると、野菜だけでも、肉や魚に負けない味の味わい深い料理ができるようになります。野菜にもそれに匹敵するだけのポテンシャルがあるので、ちゃんと味を引き出せば、それだけで満足する料理が作れるようになります。野菜の旨さをちゃんと引き出せるようになれば、結果的に肉や魚の味も美味しく引き出せるようになります。

と、、、呼吸の料理を覚えると、自分で思いついたものを形にする力がつくので、料理が楽しくクリエイティブになるだけでなく、周りから美味しいと言われ、作るモチベーションもアップし、料理がどんどん楽しくなっていきます。

呼吸の料理の仕組み

呼吸の料理とは、その名の通り、「呼吸」を使って料理する調理法です。人には、周りの状況によって呼吸の深さが変化するメカニズムがあります。例えば、緊張している時、嫌だなと思っている時、疲れている時、何だか違和感がある時など、心身に何らかのストレスがかかる時には、呼吸が浅くなります。逆に、リラックスしている時、やる気になっている時には呼吸が深くなります。

よく、何かがしっくりくる時には、腑に落ちると言いますが、腑に落ちるというのは、呼吸が深くなっている状態で、お腹まで空気がちゃんと入っている状態の事です。実は、この「しっくりくる」、「腑に落ちる」という感覚が料理を作るのにとても役立ちます。

プロの料理人は、無意識に使っている

以前、日本料理の料理人の方と一緒によくお仕事をする機会がありました。横で見ていると、味付けや盛り付けなんかが、「しっくりくる」時には、すーっと、深くなっているのを目にしました。「しっくりくる」、「盛り付けや味付けがキマる」加減の時には、呼吸が深くなったわけです。(でも、その料理人の方々は、料理で「しっくりくる」感覚を経験の中で無意識に身につける為、「キマる」感覚の時に自分の体がどういう反応をしているか意識されている方は、ごく稀でしょう。)

じゃぁ、逆に、呼吸が深くなるタイミングで調理していったら料理がうまくなるんじゃないの?・・・ということで生まれたのが呼吸の料理です。しっくりくる加減の時には、呼吸が深くなるわけですから、呼吸が深くなるタイミングで調理をしていけば、料理が自然とプロ並みに美味しくなるというわけです。

実際、今までセミナーや料理教室などの参加者の方から、

「不思議!本当に料理の加減で呼吸が変化していくんだ!」
「料理ってこんなにシンプルだったんだ!」
「素材の味を引き出すってこういうことだったんだ!」

と、驚きと驚嘆の声をたくさん頂きました。

呼吸の料理はこんなところで活躍してしています

ユグラボで監修させて頂いているレストラン

呼吸の料理を提案させて頂いているユグラボでは、レストランのメニューも監修させて頂いています。植物性素材を中心に、卵や乳製品を使わず、veganやグルテンフリーなどに対応した料理やデザートなどをさせて頂いています。従来の洋だけをベースにしたモノでなく、日本の食材でできる料理やデザートもテーマの一つにしています。

organic Resttaurant エコモレストラン


神奈川県藤沢市にあるエコライフがテーマのオーガニックレストラン。隣接のベーカリーが焼いてくれる焼きたてのパンやスープや玄米、混ぜごはんなどを揃えたビュッフェや、オーガニック野菜をふんだんに使ったランチが人気のレストラン。

organic Cafe 水彩カフェ


福島県須賀川市にあるホッコリしたおもてなしがテーマのオーガニックカフェ。パティシエが焼くデザートと、カフェの畑で作ったオーガニック野菜を使ったランチが人気。ビーガンやグルテンフリー、普通のケーキや料理、どちらも自由に選べるようになっている素敵なカフェ。

自然食堂 マーニー


秋田県由利本荘市にある有機食材を贅沢に使った食堂。レストランとベーカリーが併設されていて、レストランではお膳に乗せたランチが人気。ベーカリーは、バターを使わないデニッシュ、ベジバター、ベジチーズなど、植物性食材がパンの風味を一層引き立てるパンなどが人気。

本・メディアなど

・「veggy」表紙・特集 冬の体に効くレシピ
・「Slim love 10 月号」
・「湯島食堂の力かわく野菜の 100 皿
・「壮快 8月号」
・「見てわかる、断捨離 ココロとカラタ編」
・「湯島食堂のミラクルごはん
・「SPUR 4 月号」発酵食料理&テサート
・「veggy steady go」ウコンの料理
・「見てわかる、キッチン断捨離」など
・「まること知りたい!A to Z」(NHK) フランス料理、お菓子の制作
・「be ホンキッキース」(フシテレヒ)ろんご寿司制作(全 11 回)
・江戸の伝統野菜スイーツ制作
・オーストラリア料理教室
・オーストラリアケータリンク参加
・ニューヨーク野菜料理のケータリンク参加
・ニューシャーシー出張料理教室テモ
・「lo major de agastronomia en Alicante」
世界最高美食会議アリカンテ(スペイン)スペイン語通訳・アシスタント

Profile

深澤大輝(Fukasawa Taiki)

ユグラボ主催。素材の素材らしさを引き出す「呼吸の料理」を提案。呼吸を使うと、素人でも料理のあんばいや調理のタイミングを簡単に掴むことができる。食養などの体系に縛られる事なく、ケとハレの自分なりの食べ分けを見つけ、料理を通して自分らしさを育むお手伝いをしている。カラダの食事を呼吸の料理、ココロの食事をフードサイコロジーの味わいのワークや、ユグジュクのワークとして提供している。

著書は「心と体と魂を癒すレシピ」(ブルーロータスパブリッシング)、「ふだん料理革命」(グッドブックス)など。

 

呼吸の料理をモノにする

このように、呼吸の料理は、料理上手になるだけでなく、あなたの運命を変えてしまうかもしれない、料理に留まらないライフマネジメントと料理がくっついた調理方法なのです。
(僕自身も普通に料理をしているだけだったら、レストランの監修やレシピ本をさせて頂くことはなかったと思います。)

呼吸の料理学んでみませんか?

でも、実際にいいなと思って、意気込んで始めてみようと思ったものの、毎日の忙しさに忙殺され、結局は続けられなかったことってあるんじゃないでしょうか?? または、人と学べばモチベーションが続くかもと思って、教室に通おうと思っても、休みを合わせるのが大変だったり、全ての講座を学び終えるまでに時間がかかったり、交通費がかかったりと、教室に通うのにも大変になる事は多いと思います。

そこでオススメしたいのが、「呼吸の料理(CIB)通信講座」です。

この講座では、呼吸の料理を、空いた時間に、家や出先など場所を選ばず学習できるように、音声と映像を選んで学習する事ができます。交通費をかけてわざわざ教室に通って学びに来たり、その為の時間を苦労して調整したりすることなく、あなたの都合に合わせて自由に何度でも学ぶ事ができます。

時間が確保できる時は映像で、忙しくて映像が見られない時は、音声をスマフォやiPodに入れて通勤中や作業の合間など、スキマ時間を利用して自分のライフスタイルに合わせて学ぶことができます。あなたがもしセッカチな人でいち早く学びたいという場合もぴったりです。

週に一度のペースで無理なく続けられる

この講座は、無理なく学習できるように学習内容を12週間のカリキュラムにしました。

1週間のあいだに50分程の講義を1つ受けるイメージです。小中学校の授業1回分くらいの長さなので、定期歴にレッスンに通うよりも時間の負担が少なく、無理なく続けられて、しっかりと技術を身につける事ができます。しかも、通常の講座と違い、わからなかったところや聞き逃した所は、繰り返して学習する事ができます。

濃い講義内容+補講で理解を深める

講義とは別に補講も収録しており、講義や補講など合わせて学習内容は10時間以上の濃い内容になっています。普通、料理教室やセミナーに参加すれば、食事や後片付けの時間、受講者の理解度もありますから、3時間のセミナーを受けても、料理を習ったり、知識を得ている時間は実際1時間程度です。この講座は、講義の内容をかなり濃く作っていますので、教室では学べない濃い内容も学んでいただく事ができます。

濃すぎる内容の講義には、補講をつけていますので、濃い内容をちゃんと自分で消化して、より深いものにしていく事ができるようにカリキュラムを組んでいます。

宿題でちゃんとモノにしていく

また、このコースでは、各レッスンに要点を押さえてもらうための宿題を出しています。宿題をこなしていく事で、講義の要点を整理し、実際に使える感覚として身につける事ができます。「単なる知識」から「使える技術(スキル)」へと昇華していくプロセスです。

実際のコースのカリキュラムは、こんな感じです。

実際のコースのカリキュラムは、こんな感じです。
1周目:運命が変わる食事 – 東洋哲学から学ぶ食と体の関係

このパートでは、東洋哲学をベースに、呼吸の料理のバックグラウンドを学びながら、呼吸の料理で使う基本的な「呼吸」の初歩を学びます。この呼吸の仕方を身につけることで、ちゃんと体の感覚として調理の「あんばい」を掴む力を磨いていくこができるようになります。また、今の自分にあった食を選ぶ力も身につける事ができるようになっていきます。

2週目:食にある、陰陽という考え方

食材には、日本のマクロビや中国の薬膳でいう陰陽の性質がそれぞれあります。食材の陰陽を勉強すると、なぜ旬の食材がその時期に旬を迎えるがわかるだけでなく、食養生の基本的な考えを学べるので、自分の体をケアしていくアイディアも身につけることができるようになります。

3週目:呼吸の料理の為の体づくり

1週目、2週目と少し回り道をしましたが、呼吸の料理の知識のバックボーンが身についたので、ここからは知識を体験へと昇華していきます。呼吸の料理の体験を深めていく為の体の使い方やほぐし方をこの週で学んでいきます。この体のほぐし方を覚えると、日常ちょっと疲れた時や気分が滅入った時にも使う事が出来、とても役に立つでしょう。

4週目:包丁の握り方と素材別の切り方

いよいよ料理に入っていきます。包丁をどうやって握って、どうやって立つか。これを意識するだけで、かなり料理の質が変わります。それに加え、素材ごとに切り方を意識するだけで、素材の活力を引き出す事ができるようになります。素材毎に解説をしているので、一つづつしっかり学ぶことができるようになります。

5週目:呼吸の料理実践編

次は呼吸の料理の調理実習です。今まで学んだ知識を総動員して、知識というベースの上に、実体験を積み上げていきましょう。このパートでの、メインテーマは、塩梅(あんばい)です。ゆで加減、塩加減など、料理の一番の勘所である塩梅を、呼吸で測る練習をしていきます。

6週目:料理の中での火の役割

基礎の調理実習の後は、もう少し料理のことを深掘りしていきましょう。調理での火入れの役割について学びます。実は、火入れというのは、人間の体の仕組みとよく似ています。ボディーセラピーで使われている人間の体の仕組みと合わせて学ぶことで、食材に火を入れることの意味をより深く学ぶ事ができます。この意味がわかると、料理のレシピは無尽蔵に溢れ出てきます。

7週目:呼吸の料理基礎1 茹で方・焼き方

実際に素材を調理していきます。もっとも呼吸の感覚がわかりやすい茹で方から、少しレベルの高い焼き方まで実習していきます。また、呼吸を使った味付けの「あんばい」もここで実習します。これで、呼吸の料理の全貌が見えてくるでしょう。

8週目:8個の調理法を学べば世界中の料理ができる

世界中の調理法を整理すると、たったの8種類に大別されます。この8種類をしっかりと学べば、毎日の調理でレシピや献立に困る事なく、自分のひらめきを頼りに、呼吸の料理をつかった「あんばい」で調理していくことができるようになります。

9週目:呼吸の料理の応用1

この週は、呼吸の料理について、もう少し深掘りしていきましょう。呼吸が深くなるタイミングで調理し、味付けをするというのがどういう事なのか、呼吸の3段階を使って学んでいきます。この3つのタイミングをつかむ事で、濃い味が好きな人、薄味が好きな人など、それぞれの人の好みに合わせて、プロのように料理を自在に変えていく事ができるようになります。

10週目:料理の重要な3プロセス

料理をするには、素材選びから調理までの間に、3つの重要なプロセスがあります。このプロセスを学ぶ事で、食に関する情報の洪水から抜け出す事が日常的にできるようになります。いい悪い、白か黒ではなく、自分に合わせた基準を作って、日常の食をカラダとココロに優しく響き、かつ美味しくする、柔軟な基準を作る方法をお伝えしています。

11週目:調理バリエーションの発展

ここでは、薬膳の陰陽五行や料理フローのチャートを使って、調理バリエーション展開の仕方を学ぶ事ができます。バリエーションの広げ方のコツさえつかんでしまえば、自分のオリジナルレシピを誰でもすぐに作れるようになります。これで、レシピ本とはオサラバです。

12週目:発想力を高める「料理の発想学」

今回は、お肉やお魚を食べないビーガンや精進料理に使われる「もどき料理」をベースに、料理の閃きのコツを学びます。もどき料理から得るものは多く、逆に肉や魚など動物性食材の素晴らしさを知ることができます。普段何気なく使っていた素材の素晴らしさを知ると、お肉やお魚の料理がさらに美味しくなるだけでなく、野菜のお料理がとても上手になります。

呼吸の料理通信講座は、このようにかなり詳しい内容をなんども繰り返し学んで頂ける内容になっています。また、疑問点が出てきても、それを解決できるようになっています。

わからない所は、質問コーナーで

この通信講座にはQ & Aを設けています。各講義では、あらかじめ頂いた質問に答えているので、似たような疑問点を事前に解消していくことができます。もしすでに上がっていること以外に疑問点が出てきたり、わからない所があれば、随時質問していただく事ができるので、受けて終わりの講座ではなく、ちゃんと参加して頂ける、参加型の通信講座になっています。

呼吸の料理のご感想を頂きました!

毎日の料理がシンプルで楽しみに


内容も毎回とても興味深く、レッスンを進めるのがとても楽しみな毎日となりました。
こんなことを教えてくれる料理教室はないでしょうね。。。いろいろなレシピに振り回されてなんだか疲れ気味でしたが、何かお料理するうえでの軸が自分の中にできそうで、とても有難いです。
早朝の旦那さんのお弁当づくりも、すでに今までよりシンプルになってきた気がします。大好きなお料理がストレスになってしまっては勿体ないですもの。おかげ様で有り難うございます。
(H・Hさん)

早速、呼吸で調理してみました!


深澤さんこんにちは。著書を読了しました。そしてその勢いで作ってみたのが、ごぼうチャーハン。
そしたら、物凄く美味しくて心底ビックリしました!(???)私も日頃から呼吸に意識を向けて過ごしているのですが、料理においてはまだまだぎこちない感じで、正直何も掴めていません。ごぼうチャーハンも、好奇心だけでチャレンジしてみたのですが、ごぼうと人参とタマネギと塩であのような芳醇な味わいになるのに只々驚くばかりです。本当に美味しかったです!というこの感動を報告したく、メッセージさせていただきました!(*^o^*)
(B・Mさん)

ふだん料理革命レビュー


健康は食事から。乳製品はとらない。加工品はなるべく食べない。自分のモットーと重なり、さらに興味深い料理が数多く乗っていました。これからも度々本を開いて読んだり、調理のヒントにするつもりです。<ふだん料理革命amazonレビューより>

通信講座の内容は、料理教室でも好評だった内容です。

通信講座の内容は、全国で行なっている呼吸の料理の料理教室でも、好評だった内容を主軸にしています。(過去開催場所:東京、静岡、秋田、福岡、熊本、New joursy (the U.S.) など。日本国内外問わず開催。)

この通信講座の学費ですが、、、

今、食に関する資格を取ろうとすれば結構な投資をすることが多いと思います。教える方の資格なら、もう少し投資しなければならないかもしれません。でも、それだけの金額を投資しても、知識やテクニックばかりで、自分の人生観を変えるようなスキルになることはあまり無いかもしれません。

この通信講座で学べるのは、単なる食の知識や料理の技術でだけでなく、料理の枠を超えたスキルです。ちょっと言い過ぎかもしれませんが、体にもともと備わっている自分自身のセンスや才能のチカラを高め、自分らしいライフスタイルの一歩を踏み出すスキルとも言えると思います。しかも、一度身につければ、自転車の乗り方と一緒で忘れる事はない、一生の財産となるスキルで、これをベースに自分でアレンジできる伸び代もあるスキルです。

それを学べる、この通信講座の参加費は、5万6,200円(税抜)です。

でも、今日はお願いがあります

以前、講座をご検討されている方から、ちょっとレビューが少ないので心配だとメールを頂いた事がありました。講座の内容は、今年で3年目で、参加者の方にも、ご質問等を頂きながらアップデートをしてきているので、自信を持ってオススメできるものなのですが、確かに、ユグラボの事を初めてお知りになられた方には、レビューが少ないのは心配な事だと思います。

自分自身が、今までレビューを特に集めて来なかったので、自業自得なのですが、、、そこで今日は、あなたにお願いがあります。呼吸の料理(CIB)通信講座のレビューを書いてくださいませんか??レビューを書いて頂けるなら、5万6,200円(税抜)を、2万9,200円(税抜)にさせて頂きます。もちろん、レビューはめんどくさいという方でも大丈夫なように、レビューを書かずに通常価格でお申し込みいただくことも出来ます。

さらに、お申し込みして頂くと3つの特典をプレゼントします。

特典1:今日から調理時間を半分にする時短の音声講座

 この講座は12週間の通信講座です。なので、しっかり学びたいんだけど、今日からすぐに使える料理のテクニックやコツも欲しいという気持ちもきっとあると思います。なので、今日からすぐにできる調理時間を半分にするコツを、無料講義としてまとめる事にしました。この講義では、チェック項目をあげて、その項目を実際にチェックするだけで、料理の時間や調味料の数を減らし、難易度をぐっと下げることができるようになります。

特典2:東洋医学的、食物のケアリスト

陰陽五行を使った心と体のケアを、食の面からするリストをプレゼントします。東洋医学では、旬の食材が季節ごとに異なるカラダの状態をケアする方法を教えてくれています。例えば、秋ならどの臓器が弱くなりやすいから、それを補う食材が旬の食材として増えるなど、このリストを使えば、旬の食材とカラダとココロの状態の関係を学ぶ事ができるようになります。

特典3:呼吸でお茶やコーヒーの味を引き出す講座

呼吸の料理は、料理だけでなく、飲み物にも応用する事ができます。例えば、お茶や紅茶、コーヒーなど。ここでは、実際にそのコツを映像で学ぶ事ができます。お茶は入れるタイミングや温度など、ちょっとしたことで味や香りが変化してしまいます。ここでは、形式だったものではなく、呼吸をベースに、お茶にとっての良いあんばいで美味しさを引き出すテクニックをお伝えしています。

一生ものの技術を自分のものにする

この講座は全部で12週間のカリキュラムで構成されています。この講座の学費を、単純に12回分で割り算すると、1回あたり約2,416円くらいです。普通、料理教室やセミナーに参加すれば1回5000円くらいはかかりますが、何か聞き逃したり、メモし忘れたりしてももう一度聞く事は出来ません。

でも、この講座はオンライン講座ですので、聞き逃したところを聞き返したり、理解を深めたり、体を使ったエクササイズなども見て何度も確認しながら、単なる知識から使える実践的な技術にする事ができ、参加費も、相場の参加費の半額以下で参加して頂く事ができます。

自分らしいライフスタイルに気づく料理

呼吸の料理は、ただ単に料理上手になるだけでなく、自分のココロとカラダをケアして、自分らしいライフスタイルを過ごすきっかけを作る料理です。料理をすることで、感覚が鍛えられ、周囲の情報に振り回されず、自分らしい選択が出来るようになる、生活全体を意図した料理です。これをきっかけにあなたの人生がより味わい深いものになればと思います。

参加方法はとても簡単です。

この通信講座への参加手続きは下記のボタンをクリックすればすぐに完了します。決済後、ユグラボからログイン情報を記載したメールを発行させて頂きますので、そこに書かれたURlにアクセス頂き、パスワードとIDでログインして下されば受講頂けます。新しい人生観の一歩を、今日踏み出しましょう!
通常価格は、5万6,200円(税別)ですが、レビューを書いて頂くと今なら、2万9,200円(税別)でご受講頂けます。

paypalでお支払い

決済は各種カードやセキュリティにも優れたPayPalで行っています。






クレジットでの分割決済、銀行振込をご希望の方

ユグラボのHPからお申し込みください。クレジットでの分割決済の場合は、paypalを使った決済で、毎月1度のお支払いで6回、3回がお選び頂けます。
>> お申込はコチラから

この通信講座のバージョンは2.2です

この通信講座は、今まで頂いたご質問やご要望にお答えしながらも、もっとよい講座にできないものかと、講義や補講の追加、カリキュラムの変更などを加えてきました。なので、かなり良い講義内容になったと自負しています。

料理のテクニックや、食材でのカラダやココロのケアを教えてくれる教室やセミナーはたくさんありますが、それを日常的なライフスタイルに落とし込んでいる講座や、両方を一緒に教えてくれる講座は少ないです。

料理をすることで、人生が変わる。そればかりか、発想力や創造力が鍛えられて、それが仕事を始め、趣味や日常の中で生かされ、さらには、自分に必要な情報を、表面的な知識や感情に左右されずに、自分で選択できるようになる。そんなライフマネジメントスキルを、この講座に参加して身につけていきまし

P.S. 食のワクワクをあなたにも

自分でいうのもなんですが、僕は、この調理方を10年以上前に始めましたが、はじめてからというもの、こんなにも食がワクワクして楽しいものだったのかと、思い知らされました。感情と切り離された知識としての食でなく、感情と一緒になったライブ感のある食を、料理上手になりながら、ぜひお楽しみください。きっと後悔はしないと思います。

通常価格は、5万6,200円(税別)ですが、レビューを書いて頂くと今なら、29,200円(税別)でご受講頂けます。

paypalでお支払い

決済は各種カードやセキュリティにも優れたPayPalで行っています。






クレジットでの分割決済、銀行振込をご希望の方

ユグラボのHPからお申し込みください。クレジットでの分割決済の場合は、毎月1度のお支払いで6回と3回がお選び頂けます。
>> お申込はコチラから