仕事と好きなことの裏返し

秋雨が続き、秋らしく、落ち着いた雰囲気が漂うようになって来ましたね。

P8310034

 

最近というか、昔から、仕事についての相談を受けることが多々あります。

自分の大好きな事を仕事にしたいと思っている人は多いのではないでしょうか。

 

先日、自分のしたい事はホントにそれなの?っというような記事を書きました。

 

私の場合、相談をされる方で多いのは、

自分は別のことが好きなので、

今が人生の転機だと思い、転職をしたいが、

迷っているという場合です。

 

職場の環境がきつかったり、体力的にしんどいかったり、

やっぱ人生、好きな事をやって過ごすべきだと思う。

という風に大抵は思っているか、いっしゃいます。

 

私は大体そこで聞くことにしていることがあります。

「じゃぁ、環境が変わったら今の仕事をつづけるか。」

 

そうすると、大抵はすぐに「いいえ」とは返ってきません。

 

その場合は、実際に困っていたのは仕事ではなく環境なのです。

 

仕事自体がいやになったから転職するのではなく、

環境がいやだから、好きな事をしようとしていたのです。

 

しかも、好きな事というのは、この場合では、自分が好きな事ではなく、

社会が良いと思う職種や、世間から評価される職種を選びやすくなります。

 

これは無意識の内にそうしてしまうので、本人は気付いていませんが、

周りや自分から自分自身が評価されない状況を変えよう

という想いの裏返しがここにきてしまいます。

 

なので、こういシチュエーションに陥った事のある方は思い返せば、

花形の職業や、一種の憧れのような刺激的、魅力的な

職業を考えた事があるのではないでしょうか。

 

しかし、ストレスが心身に直接的に

かなりの影響を及ぼしているのであれば、

考える必要がまた別に出てきますが、

そうでない場合は、気持ちを十分い味わうことを勧めています。

 

心身は想い癖と食べもので作られているので、

フードサイコロジーのように、

心と食べもの両方を味わい、アプローチすると、

自然と、ストレスになってた事が気にならなくなり、

周りが自然と変わっていく現象がでてきたりします。

(前回記事参照)

転職や好きな事をしようというのは大事だと思いますが、

自分のストレスや思い癖をじっくり味わって

心のくもりをとることで、

自然とやりたい事が見えてきます。

きっと大好きな事は、見つけるものではなく、

すでにあるそれに気付くものではないでしょうか。

自分の道を生きるって何だろう? 〜欲求と心のくもり①

P1040212

こんにちは、秋は食べ物が美味しいですね。

自分の身体の体調に反して食べ過ぎてしまいそうです。

 

Il faut manger pour vivre , et non pas vivre pour manger

(生きる為に食べるのであって、食べる為にいきるのではない)

 

大学時代覚えたフレーズ、懐かしいです。

これはモリエールの「守銭奴」の中の有名な一説ですが、

これを劇中で逆に言ってしまった気持ちがわかりそうな気がします。。。

 

ちょっと今回は宗教的な話になってしまうかもしれませんが、

人間には心・身体・魂があると言われています。

この内自分の自由になるのは「心」です。

 

身体の内側にあるもの

・魂 ≒ 真我、アートマン、ハイヤーセルフ、好きな事をしたい想い

 

・心 ≒ 感情(幸福感から恐怖感など)、記憶、想い、

 

身体の外側にあるもの

・身体 ≒ 内面の表現

 

大体の解釈を図にするとこんな感じです。

triconstruction

 

つまり、心が魂と身体をつなぐ架け橋です。

最近は、みんな大好きな事をしよ〜!という風潮がありますが、

それをもう少し掘り下げて見て見ましょう。

 

魂の欲求は、身体の底からわき上がる想いです。

それがすんなり身体で表現出来れば、何も困る事はないのですが、

心がその欲求をふるいにかけてしまいます。

 

そのフィルターの元は心にある、過去の出来事の記憶や、

どこからくるかわからない不安感や恐れなどです。

 

私たちは、普段色んな所で、ストレスを抱えたりしながら、

心のくもり(フィルター)を作っています。

 

心がくもっていればいる程、魂からの欲求が見えにくく、

それを見ようとする心の欲求と、

魂からのあぁ、こんな事したいとわき上がる欲求が、

フラストレーションを起こします。

多くの場合、このフラストレーションは迷いを生みます。

そして、そのフラストレーションを解消しようと、

私の好きな事は。。。と探し始めます。

 

でも、実際はどこを探しても外には、その対象がなく、

自分が好きなものがわからなく、苦しんだり、

私はこれが好きだと、世間の価値観中で、

自分が世間に評価される中から、好きな事を頭で選んだりします。

 

その場合、自分の中にある不安感や恐れなど、

心のくもりに原因ある場合が多いです。

 

少しそういう気持ちを味わうとくもりもはれるものです。

是非、少し味わって見てはいかがでしょうか。

 

くもりをはらせば、自分が王様の小さな国がみつかるかもしれません。

味わえば、醍醐味がもっと見つかりそうです。

 

Il faut vivre pour manger, et non pas manger pour vivre

食べる(味わう)ために生きるのであって、生きる為に食べる(味わう)のではない

 

あ、これは、ただの食いしん坊の言葉になりかねないですね。。。笑

追記:

最近、仕事(転職)に関しての相談を受ける事が多く有ります。

次は、その事に関して、了承を得られる範囲で触れていきたいと思います。

気持ちを味わうと良いご縁に恵まれる?③

P1040497
こんにちは、秋が深いですね。
道を歩いていると写真を撮りたくなってしまいます。
秋は道を歩いていれば、
自然と味わい深い風景に出会ったりするものです。
それが前回の答えにもなるのですが。。。
普通、道ばたを歩いていて、美しい花があれば、
見かけの美しさによらず、
そういう風にけなげにさいている姿や、
時には華やかさに心奪われ、
「あぁ、いいな〜」と、思います。
自然にたいしては、大抵の場合は心がオープンなのです。
ところが、自分の悩みになると、心は閉じてしまいます。
なので、普通に自分の悩みを味わおうと思ったら、
ストレスに対して、閉じたい心を無理矢理開かせます。
例えるなら、サイズのあわないドライバーでネジを回し、
ネジ頭を壊してしまうようものです。
そこで、感情を味わうには、変性意識状態のように、
身体を緩めて、心の緊張をとり、
ニュートラルな状態にしてから味わう必要があります。
これをセラピーではやるのですが、
といっても、難しい事ではありません。
自分に必要なようにアレンジしたものであれば、
より効果的にする事もできます。
セラピーではここがとても大切で、
心を緩めてしっかり味わうのが大きなポイントなのです。
いろんな本をよんだり、カウンセリングを受けたりして、
理論で頭や行動を制御しようとしてもできないのは、
まさに上のネジの状態です。
その状態は、ストレスに感じている事を
解決できない自分に対してストレスを感じているとも言えます。
という事は、自分が今ストレスに感じている事が、
ストレスでなくなってしまえば全ては解決します。
よく感情を味わうと、ストレスになっている事が、
頭ではなく、言葉ではなく、
「自然と」ストレスにならなくなって行くのです。
そうすると、道に咲く花を見るように、
もう少しオープンな気持ちで接する事が出来ます。
自分の心に波風が立たなければ、
色んな事を色眼鏡無しで見る事が多くなっていきます。
それは、人間関係の改善にも、良いご縁にもつながるでしょう。
でも、それでなんで縁がよくなるの?
って思われる事だと思いますが、
その事に関しては、また改めたいと思います。
毎回グダグダ長くなってしまいますので^^;
 
今日の夜は秋の味覚、何をたべようか。。;
 
 
 
 
 
 

気持ちを味わうと良いご縁に恵まれる?②

P1040401
こんばんは、やはり食欲の秋ですね。
厚揚げが美味しそうでお料理しました。
この時期、大根と塩と水、生米をほんの少し入れて、
炊く厚揚げは煮込めば煮込む程美味しく、
大好きなお料理の一つです。
え、美味しいの?って思われるかもしれませんが、
よく噛めば噛む程、恥ずかしがりやの味達が奥からでて来て、
何だかしみじみと美味しさに浸る事ができます。
この味わうというのは、本当に不思議でよく出来たシステムなのですが、
その不思議を少し違う角度からアプローチしてみたいと思います。
知っていらっしゃる方はいると思いますが、
代替療法(民間療法)には、
一時話題になってホメオパシーや、フラワーエッセンスのように
同種のものを使う療法が存在します。
これは、実際は奥が深いのですが、
簡単に言えば、お花や鉱物などの物質を
天文学的に薄めたもので、自然治癒力を刺激し、高め、
不調を自分自身の治癒力でなおしていくというものです。
そういう意味では、ホメオパシーにしても、
フラワーエッセンスにしても、
それ自体が薬のように不調にアプローチする訳ではありません。
自分自身の身体がメインで、
自分で自分をケアするのですから、ある意味究極の治療です。
この療法は、身体的な事はもちろん、精神的な事にも使用されます。
人間の治癒力は、精神さえも調整する機能が有るんですね。
ん〜すごい。
ちょっと前置きが長くなりましたが、
前回書いた味わいというのはここら辺にかかってきます。
身体は食べ物によって酵素を自動的に選択し、消化します。
よく噛めば、酵素のでが良くなって、消化が進むと言われていますが、
実は気持ちもそうなのです。
苦手な食べ物を味わわないで丸呑みしてしまうと、
後で腹痛になったり、なかなか消化出来ないように、
気持ちも味わわないで、ないがしろにしていると、
身体の中からなかなか消化出来ないものです。
恋愛等においても、過去の記憶を克服したつもりでも、
昔の恋愛と今を比べたり、
過去のトラウマを引きずり、不安感や恐怖感に苛まれるなど、
ノスタルジーに浸る事は珍しい事ではないと思います。
恋愛だけでないのですが、
フードサイコロジーはここのシステムを
うまく利用してそこを克服できるようにアレンジしています。
でも、ここで、疑問が浮かんでくると思います。
 
それはどうやって味わうかって事と、
味わって克服したからって今に関係あるんですかね?
って事じゃないでしょうか。
だってただでさえしんどい想いを味わうなんて、
ストレスこの上ない事ですし、
今は今、昔は昔って思いますものね。。。
もう少し次回は噛み砕いて説明してみますね。
しかし、今日は冷えますね。。
鍋の季節ですね〜。。^^
 

気持ちを味わうと良いご縁に恵まれる?①

 
P1040490芸術の秋、いかがおすごしですか?
冬支度で編み物などに没頭するのも一興です。
(こんな写真を撮って遊んでしまいました・・・)
私はもっぱら食欲の秋です。
食べ物も、どんどん、
外から中に味わいがある季節になっていきますね。
果菜や葉物など春夏野菜はみずみずしく味わいがあるのですが、
味が表に料理でも出て気やすく、
味も、酸っぱい、苦いなどすぐに感じやすいです。
それに比べこれからの秋冬野菜は、
根菜類、キノコ類など
料理しても、なかなか、味の入らないものや、
味が少し出てきにくい物が増えて来ます。
その代わりに、よく調理し、味わえば、
寒さなどで、寒くコリ固まった身体も心も
ほっこりと、緩み暖まるような味わいを
味わう事ができます。
食べ物をよく味わうと心が緩むように、
自分の気持ちをよく味わうと
固い心も自然と緩んでいきます。
不思議ですよね。
味わえば味わう程、ゆるみ、
緩んで温かみのある心になると余裕ができてくる。
これって、まだよく証明できない、
人間のすんごいシステムなんじゃないかなって思ってしまいます。
本当に不思議です。
っと。。
ついつい、食欲の秋から話がそれました。。。
気持ちとご縁についてでしたね。
続きは明日書かせてください。。。;;
世間は連休最終日ですね、
皆さんも、味わい深い一日を
ごゆっくり御お過ごしくださいませ^^
 
 

感情を味わう恋の仕方

P1040495
 

秋はコスモスがきれいですね。
もうそろそろ終わりですが、見に行ってきました。

そんなコスモスの花言葉のように、季節がらなのか、
恋愛や男女の関係のことに関して関わる事が多く、
多くの方が悩んでいるのだと実感する今日、この頃です。

そこで、色んな体験談を含め、
少し恋愛特集でもしてみようと思います。
::::
多くの場合は、今の問題に自分でどうしようか、
早く結論づけなくてはと悩んでいます。
相手の為にならないとか、
自分は相手の事が好きなのになんだか反抗してしまうなど。
多くの場合は、頭を理論武装して、
相手との問題に結論をつけて、
自分が色んな意味でラクになる道を選びます。
しかしながら、そうやって出した結論を実行していった結果、
また同じようなシチュエーションになったり、
同じ失敗を繰り返す事が、
よくよく考えてみればあるのではないでしょうか。
あれだけよく考えて、理論的に答えを出したのに、
なぜ、また。。。と、その度に思うかもしれません。
こういうことが、悩みになっている原因の一つになる事もあるでしょう。
今回はどうしたら、同じ事を繰り返さないかとも悩むのです。
しかし、人情というように、感情あっての人間が
基本的に、頭を理論で支配するのは難しいです。
ちょうど、お菓子大好きな方が
ダイエット中でも、ケーキを我慢できないのと同じように。。。
頭は理論や倫理では統制するのは難しいですからね。。。^^;
実は、こういうケースは、
大抵の場合、答えの出ない事を考える事とか、
その感情の発生や行方に原因はある事が多いのです。
身体には味わうと消化しやすくなる機能があります。
これは、食べ物でもよく噛めば。。。と言われている通り、
心に関わる感情でも、よく味わえば、消化しやすくなります。
一度消化した感情は、再度わいてくる事が少なくなります。
もし、湧いたとしても、
再度、それにより、衝動的に動かされる事は少なくなります。
そうやって衝動が消えた状態では、
自分自身があぁ、こうしようかなっと思うようになります。
そういう風に思って行動すると、
同じ事や、つらいシチュエーションに会う事が断然少なくなります。
よしわかった、じゃあ、やってみよう!
と思っても、通常の状態でそれを味わっても、
ストレスにしかならない事がやはり多いです。
それに大抵は苦しむ訳ですから。。。
(それを自力で乗り越える強者も
周りには何人かいらっしゃるのではないでしょうか)
大変な方は
衝動や感情はセラピストに解放してもらうのではなく、
手伝ってもらって、しっかり味わう事が必要になりそうです。
そのコツを教わるだけでも、日常的にできますからね。
でも、面白いのは、感情を味わうと、
外の世界が勝手に変わってくるのです。
次回は、
良い恋と縁が出来る、心の向き合い方
みたいな物をしてみようと思います。
つづく!

フードサイコロジーって何?①

dune with a view

 
フードサイコロジストのTikieyです。

フードサイコロジーってそもそも何なのかって話ですが、
その前に、名前をなんて読むのかという話ですね。
これはタイキって読みます。
以前、お世話になっていたオランダ人の先生に
自己紹介をしたところ、オランダ語ではこう書くといいね、
と、いってこのスペリングで呼ばれていました。
その名残ですね。
 
フードサイコロジーという事ですが、
簡単に言えば、食医のサイコロジーという表現になるかもしれません。
食医とは、中国で、傷医(外科的な医者)や
薬医(内科的に薬を使う医者)よりも食医の方が、
地位が高いとされていました。
食医とは、日常の食で、病気を未然に防ぐ、
又は、ならない、未病を意図する医者です。
 
食は身体を作る事で知られていますが、
心が身体に影響していることも、
だんだんと認知され始めて来ました。
現代に生きる私たちは、仕事や生活環境の悪化などから、
心身共にストレスを受けることが強くなっています。
日常の中でできる、食と心のケアについて、
深く関わって行く事は必要なことの一つです。
 

今度の9/8の食べない料理教…

今度の9/8の食べない料理教室の内容が少し変更になりました。
今回は野菜とブレスワーク・金環日食を組み合わせた瞑想と根っこを使って食材をまろやかにするワークを取り入れることにしました。
http://ygglab.jp/3_event/eventtop00.html

お料理には失敗は付きもの、分…

お料理には失敗は付きもの、分量のないレシピは時に不安をあおるが、自分の感覚を信じて確かめながら料理をする事で段々と磨かれてくる。先日の料理教室でのニョッキ作りでも、粉を目分量で足して呼吸を確かめ調整した、もし茹でて溶けてしまうようなら、自分の呼吸を確かめながら粉を足す。たとえ失敗しても、その失敗の段階から考え直していくと、線状にない新しいブレイクスルーに出会う事ができる。歴史上、失敗から産まれた料理は本当にたくさんある。線状から結果的に外れる料理、それは結果的に生き生きするものになる、是非毎日の料理で実践して頂きたい。写真は失敗ではないですが、白蛇のニョッキです、ちょっと遊んでしまいました笑

先日、fogliolina …

先日、fogliolina della porta fortunaというレストランの小林シェフの映像を見せて頂きました。どんな仕事もこういう何か心の中から自然とわき上がる楽しみに後押しされてすると感動を巻き起こすのだなと教えられました。
それに加えて、文学もそうですが、料理も原語でするとやはり全く違うようになります。いくらイタリアンの料理でもイタリア語のレシピと日本語のレシピどちらをみて作ったか、微妙な違いが出てきます。人はニュアンスの達人、その微妙な感覚がその人を非日常にあげる事も出来るのですね。
そんなこんなで、原語をを取り入れて、
いつもよりお料理教室らしいものをしようと思います。
今週末(7/7)はヨーロッパ伝統料理と錬金術の教室。
http://ygglab.jp/3_event/eventtop00.html#eualchemy
今回からお料理をする機会がグッと増えました。
理論&体感は食べないお料理教室に、
実践&経験はラボのお料理教室になります。
メルマガも配信中です。