素材の呼吸を感じる料理の本

Photo 2014-03-10 19 39 38
素材の呼吸を感じる、呼吸料理の本のゲラがあがってきました。
まだまだこれから修正等があるのですが、
遅くても夏前には出そうです。
今回は、料理のあんばいを、すべて素材の呼吸にきいてみるという、一風変わった本です。気功とかをされている人や、料理の修行を厳しく積まれた方には、もう日常的な感覚としてあるとは思いますが、料理にも気の流れがあり、その流れを活発にしてあげるように調理すると、人の気の流れが活性化される(=?元気になる)という料理になります。
しかしながら、気の流れなんていっても、よくわからないので、今回は、誰にでもわかる呼吸をつかってその流れを掴むコツを紹介しています。味付けも、切り方も、全て呼吸で決めていきますが、やった事の無い方でも分かっていただけるように、工夫をしています。呼吸が感じられない人には、呼吸を深くする体操や、切りながら体を元気にする方法をのせたり、呼吸の料理の練習方法なんかもかきました。
なぜか、本の説明になってしまいましたが、、笑 料理でなくても、音楽や、デザイン、掃除や洗濯などにも、もちろん呼吸があります。そういった視点をもって取り組むと、また毎日が一段と変わった日々になるのではないでしょうか。
是非、毎日で呼吸を意識してみてください。
P1060198
*写真は、(有)深澤フーズさんで作られている小麦の天然酵母パン「ワタクシのパン」で作った、豆乳フレンチトースト、大豆ソースです。不定期に出しているので、もし興味ある方は、見てみてください。
フレンチトーストは、まだHPにのっていませんが、来週くらいにはでていると思います^^
 

banaor

フードサイコロジーアンヴィユ  produced by Ygg Lab. 【HP】http://ygglab.jp/

フードサイコロジーとは?こころ編

昨日、フードサイコロジーについてのコメントを頂きましたので、そんな事について、少し触れたいと思います。
人には、こころからだがあります。
kokorotokarada
フードサイコロジーは、
こころを味わい
からだを食でケアします。
 
長くなったので、2回に分けて書かせていただこうと想います。
今回は心のお話です。
 
近年、ビジネスの世界でも心の世界が注目されてきています。以前は外に向く、購買心理などの外向きの心でしたが、今は内向きの心が、だいぶ一般的にも認知されてきました。
自分の心が変わると、おきている現象が変わり、それによって充実感がある人生になる、少し前ならthe low of the attraction(引き寄せの法則)が流行りましたね。
神社にいってのお祈りを、あまりおすすめしていない私と しては、アメリカでチクセントミハイが提唱した、フローの方が好きですが、どちらも共通しているのは、内的な自己を帰ると、外から見られる自分と外に向かう自分、そして、自分が見る現象が変わると言う点です。
これらは、充実感を伴う側面とも関係しているのですが・・
今、カウンセリングをしていて、悩みのほとんどの原因が、人生の充実感がないというところから来ています。あると思う人も、その充実感は偽りで、自分が苦しまないように、自分に想いこませている事も多いのです。
そこで、問題になっている心に向き合っていただくと、問題が解決していきます。ただ、頭で考えると無理ですので(多くの問題は考えることからくる。。。)、多くの場合は、瞑想をつかって味わいます。
瞑想と聞くと怪しいかもしれませんが、最近では、タレントさんがされていたり、女性誌などで紹介されていたりしてだいぶ一般的になりました。
企業ではグーグルが会議前の禅を一部で取り入れたりして話題にもなりました。違うという人もいると思いますが、禅も瞑想の考えを取り入れたものだと、私は認識しています。
こうやって心を味わっていくのが、フードサイコロジーの心の部分です。
次回は、もう一つの柱である、食について書こうと思います。
意外に食は重要ですよ!
さらに読む

チェロの弓と包丁の持ち方


最近料理の話題が続きますが、
先日、包丁の話をしていたので、もう一つ。
個人的にこっそりとチェロを弾いているのですが、
チェロの弓を持つ手と、包丁を持つ手は良く似ていると思います。
動画は、好きなチェリストの一人のルカですが、
彼の右手に注目してください。
往復するときに、弓は動かずに、
まず手が動いているように見えて、
その後弓が動くように見えます。
実際は、肩が先に動いていると思いますが、
見ていると、手首が先に動いてから弓が動いているように見えます。
実は包丁も同じように軽く力をいれずにもつと、
切れ味がよくなります。
意外かもしれませんが、力を抜けば抜くほど、
包丁は切れ味がよくなります。
実は素材の呼吸を聞く料理で大切な事の一つは、
脱力です。
ちょっと右手の軽く握った感じと、
肩から指先にかけての動きを少し研究してみてください。
そして、時間がある人は、いつもの料理で、
どうやって握ったら包丁が良く切れるか研究してみてください。
詳しくはまたどこかで書きたいと思いますので、
お楽しみに。
さらに読む

人の知覚できる味の限界

IMG_0296
野菜を切っていると、よく頭によぎります。
以前、レストランで働いていた時の事です。
メニューについてよく相談されたり、
先輩から語られることが多かったのですが、
いつも疑問に感じている事がありました。
セビーチェや、
なめろう、ピピラーナなど、話題が多かった事の、
だいたいは素材を細かく刻むタルタル風な料理なのですが、
「この食材入れたら、もっと食感がよくないかな~?
サクッ、トロッ、パリッ、ヌメッ、グニュッ、そして、フワッ。。。。」
相手にもよりますが、意見が言えるときには、
私は決まって、
「そんなにいらないんじゃないんですか?」
と、答えていました。
というのにも、少し理由がありました。
人が同時に知覚できるものは
そんなに多くはありません。
だいたい多くても3種類ほどまでだと思います。
(理由はまたどこかで。。。)
味もそれ以上は、素材同士が競合してしまって、
雑な雰囲気に、感じる事がおおくなります。
これは単なる料理観の違いですが、
個人的には、少ない素材でその素材を味わえる料理が好きです。
目を瞑って味わうと、素材の個性を味わえるのは3種類くらい、
それ以外は、なんとなく感じられるけど、
よく分からない味(雰囲気、ニュアンスの味)になります。
3種類以上の味わいを料理に入れるなら、
これらを生かすような役割に徹した方が
味としてはまとまりが出ます。
グループでの仕事と同じように、
主役になる個性(キャラクター)を決めておいて、
その個性を生かすようにした方が良い結果(味)がでます。
もっとも、素材の呼吸を感じる、呼吸の料理では、
主体を人から素材に置くため、
料理の方向性自体も素材に任せます。
そうすると、
さんざんこんな事を書いておいてあれなんですが、
お料理もうまく主張を聞いて調理すると、
味が全く調和してしまって
個性が全体性になる味になることもあるんですね・・・笑
さらに読む

お料理の温かさと人間関係

IMG_0133
 
前回記事を書きながら、
ふと思い出したので、自分の反省ついでに
もうひと記事書こうと思います。
書きながら、自分の今までを振り返っていたのですが、
いや、お粗末なもので、熱された人間関係よりも、
温まった関係の方が自分にとっては心地いいな~と思っていました。
温かい方がいいと書きながら、
やっぱり熱するように温まったものは味わいがすくなくて、
結果的にドライになりやすいなと思い、
自分の過去の関係を省みていました。
お料理も一気に火を入れようとして、加熱すると、
味わいのない料理に仕上がる傾向があります。
例えば、強火で沸騰したお湯でジャガイモを煮ると、
甘みや美味しさが引き出されずに、
火が通ってしまいます。
逆にゆっくり火を入れてあげると、
素材でいた時以上の美味しさがでます。
これは、野菜の酵素が活性化する為だとの研究もありますが、
また、機会を改めて触れる事にします。
 
ビジネスマンの定石に、
「人と仲を深めるには、会っている1回の長さよりも回数が大切」
という言葉がありますが、
短くても何度も会っている人は、だんだんと人間関係ができてきて、
信頼が生まれるそうです。
 
自分で熱することなく、
温まるのを待てる心の余裕をもちたいと、
自分にとっても耳が痛い話ではありますが、
これからも邁進していきたいと思います。
 
さらに読む

春の陽気と感受性

IMG_0096
だんだんとマフラーも要らないくらい暖かくなってきましたね。
料理もそうですが、
温かくなると芽を出すもの(気づきやすくなるもの)って、
沢山ありますよね。
たとえば、雪の下に生えている新芽とか、
料理でいえば、冷たい料理よりも、
温かい料理の方が、感じる素材の味わいも多くなります。
もちろん、冷たくして味わう料理もありますが、
多くはすっきり感や清涼感、のどごしがメインになり、
自分の感覚に残らずに、すっと良い所だけ残して、
体の中にはいってくれというような料理もあります。
これらは食べる季節にもちろん関係するので、
冷たい料理が悪いとか言うわけではありません。
でも、調理したり、口の中に含む時間を長くして、
温めると、香りと共に、素材の味わい、甘みがひきたちます。
人間関係でもこれは当てはまりそうですね。
冷たくてドライな人間関係よりも、
温かい人間関係の方が味わいが多く生まれます。
まだ隠れてはいますが、
春の自然の、素朴な暖かさを感じながら、
人の温もりもいつも以上に感じていきたいものです。
 
さらに読む

恋愛の運命は自分が決めている③

Photo 2014-02-14 0 59 19
こんにちは、東京は今日も雪が降っています。
違う記事をあげようと思っていたのですが、
恋愛の記事が好評頂きましたので、
続きを書こうかと思います。
バレンタインですしね^^
前回「味わう」という事を書きましたが、
今回は、実際にやっていて多い事について書いていこうと思います。

結構、恋愛に限らず、
パートナーシップと人生の充実度には、
関係がありまして、
他の問題でセラピーを受けられた方に、
何気なく、最近いいパートナーシップに恵まれていますか?
ときくと、たいていはノーが返ってきます。
そして、掘り下げてきいていくと、
「両親の問題」にたどり着くことが多いのです。
少し驚きかもしれませんが、
恋愛のパターンやパートナーシップの築き方には、
自分の両親との関係がとても濃くでてしまうものなのです。
人によって出方が違うので、
その人にあった方法でセラピーをしていくと、
両親に対しての自分の想いの深さを発見することになります。
そうすると、両親に関する感謝の気持ちと溜め込んでいた、
やりきれない思いがあがってきます。
そうしてから自分を良く見ていくと、
自分が両親に対していやだ、嫌いだと思っていたことほど、
無意識のうちに相手にしてしまっている自分に
気付くことも多くなります。
さらに読む