お願い事の危険性 その2

 
Photo 2013-11-06 12 21 35
 
少しずつ、年末の雰囲気が出てきましたね。
年末年始といえば、お願いごとが一般的につきものです。
おせちを作らなくても自動的に出てこないかなぁと、
先日の記事に反して、思う日々です笑
先日の福岡の教室では、
古い脳を使った料理の仕方について、
呼吸を使った料理で体験してもらいました。
人間には、良い悪いを判断する新しい脳と、
感じる古い脳があります。
確かに近代的な生活をする上では、
新しい脳はエキスパートなのですが、
良い悪いから生まれてしまう歪みが伴いやすくもあります。
目標を設定して、順序だてて、
それに向かって頑張るというのは良い事なのですが、
その目標を達成出来なかったり、
それに向かう過程で自分が思うように行かない時に、
良い悪いを判断してしまうのです。
それに対して、古い脳をよく使うと、
今の状態でどうすればいいかという事に焦点があり、
良い悪いの判断を越えて、
今に集中できるという利点があります。
料理もそれと同じで、
完成像を描いて、それを作ろうとすると、
良い悪いを自分で判断してしまいます。
話を聞いていると、
料理が苦手だと感じている人や
毎日の献立が大変だと言っている人は
大抵は、新しい脳をよく使う方が多いように感じます。
例えば、酢豚を作ろうと思っても
なかなかうまく行かないと感じている人は、
一生懸命、中華屋さんの酢豚を作ろうとしているのではないでしょうか。
しかもよく行くなじみの店の??
でも、酢豚もお店によって味は違うのですから、
自分らしい味で出来ればそれでいいと思います。
また、毎日の献立を考えるのに困っている人は、
一生懸命メニュー名や、料理名を考えて、
レシピ本を見たりしているのではないでしょうか。
これも、自分なりの味付けをすれば解決します。
さらに読む

お願い事の危険性

しばらくブログを見ない間に、メッセージが沢山たまっておりました。
メッセージ頂いていた方すみません。
順々に返信させていただきます。
Photo 2013-12-02 14 24 26
先日は、福岡にてセミナーをさせて頂きましたが、
参加された方ももちろん、私にとっても本当に充実した教室となりました。
また改めて報告しますが、
目標にしがみつかない事の重要性と、
そこから生まれる感じる力の強さに感動しました。
普通は、料理も完成像を描くのですが、
完成像を描きすぎると、
良い悪いの判断を自ら下してしまい、
結果失敗する事が多くなります。
お料理に関しては、また書いていく事にします。
さらに読む

野菜の声をきく料理教室談 〜続き

P1030098
(六義苑紅葉撮影2)
先日ゆんぼうやさんでのお料理教室の事書かせて頂きました。
その続編見たいなものですが。。。
 
野菜の呼吸を感じる料理は、ちょっと難しい表現になるかもしませんが、
素材や料理の出来などの良い悪いの価値判断を超えて、
多様性をまとめあげないようにすることで、
結果的にまとまるという特徴があります。
 
こんな事を言うと、よくわからないと言われそうですが、
料理の主役は素材であり、それらが力を発揮する事で、
人が活かされる料理になるからです。
しかし、多くな場合は、人が主体となり、
料理をまとめ、味をまとめていきます。
料理の技術がうまくなればなるほど、
素材を活かしたいけれども、
まとめようとすればする程、うまく料理がまとまらないという
葛藤に苦しむ事になります。
理屈はわかるけれども、実践できないのです。
 
逆に、野菜に訊く料理では、まとめようとしなくても、
素材を主体に考えて、感じて、調理していくと、
結果としてまとまっていきます。
理屈はわからないけれども、実践が可能なのです。
  さらに読む

盛り付けで野菜の呼吸が変わる??

P1030089
(六義園紅葉の撮影)
いよいよ、秋もフィナーレを迎えてきましたね。
散り際が綺麗だと思うのはなぜなのでしょうかね。
何か、人が気付けない何かがあるのかもしれませんね。
 
先日は、ゆんぼうやさんでのセミナーがありました。
今回は皆さん、勘もよかった為か、
珍しく8割くらいは実感を持たれていたような気がしました。
皆さん、野菜が呼吸をしていることを感じて、
それが茹で加減や、味付けの加減などで変わる事に驚いていました。
 
【呼吸の料理については前回の記事をご覧ください。】
 
さらに、呼吸の深まった所で、上げた、ゆでほうれん草と、
呼吸の浅くなったところで上げた、ゆでほうれん草を、
それぞれ、口に含み筋力テストもしてみました。
すると、前者では力が入るのに対して、
後者では、力が抜け落ちてしまいました。
キネシオロジーを普段から実践している方も中にいらっしゃり、
疑いのまなざしが向けられていましたが。。。笑
参加者の方は、実際にしていただいて、
力が入ることを実感されていました。
でも、こんな料理をやっていながら、いつも私自身不思議に思います。
なぜ、加減を良い具合にすると、野菜がこんなにも力強くなるのか。
オーガニックでもない野菜でしても、
オーガニックの野菜を持っているとき以上に、
呼吸が深まり、力が湧く気がします。
これは理論では説明できないですが、
経験的に皆さんが体験されている事で、
とても、不思議で面白く思っています^^
っと、そんな怪しいお料理ですが、
12月の頭に年末年始に役立つセミナーをします。
それは、料理が調理だけではないという事を
実感して頂くセミナーです。
メインの話題は盛りつけです。
呼吸の料理をしていると、実は盛り付けだけでも、
力のでる料理を作ることもできます。
毎月してきた全6回の食べない料理教室もいよいよ終盤ですが、
今回は、クリスマス、お正月のお料理の参考にもなるかと思います
ご予定の空いていらっしゃる方はお見逃しなく。
 
【申し込みはコチラからです】
 
以下詳細です。:::::::::::::::::::::
2013年12月7日(土) 19:00~21:00
第5回 食べない料理教室 
    ~料理の盛り付けとその秘密
【食べない料理教室についてはリンク先で詳しくご覧いただけます。】
今回は、盛り付けの秘密です。
料理は作るときだけではありません。
盛り付けだけで料理が、
実際に変わるというのはとても驚きだと思います。
綺麗に、美しく盛り付けるのとは違う裏の秘密があります
器の並べ方にも全てがかかっています。
テーブルコーディネートが好きな方は必見です。
恒例の運動などしてから、
今回は形と料理の関係などに触れ、
実際に体験していただきます。
【日程】  2013年12月7日(土) 19:00~21:00
【参加費用】4,000円
【持ち物】 筆記用具
【場所】  東京都中央区銀座3-12-16(Space Kona)
【講師】 深澤大輝(ユグラボ主催)
*お申込はコチラから
 info@ygglab.jp
お申込の場合は
お名前、ご連絡先、メールアドレス、ご参加人数、お日にちを明記の上お送りください。

環境で変化する呼吸とほうれん草クン

(以前企画して、チベットの方にお作りした精進弁当です。曼荼羅の色をなんとなくイメージしました。
甘い物が好きだと聴いて、デザートを3つにしたのも覚えています。詳細が気になれば答えします^^)
——————————————————————————

だいぶ寒くなって来ましたね。

来週は東京近辺、冬の様に寒くなるのだとか。

 

ほうれん草の呼吸感じて見られたでしょうか??

 

わかった方やわからない方もいらっしゃったと思いますが、

なぜ、ほうれん草を見ながら呼吸しているだけなのに、

呼吸が変わったか不思議に思いませんでしたか。

 

人のカラダってとても凄いんだなと改めて感じさせられます。

 

実は人には、周りの環境や、自分に触れている物に対して、

反応するという仕組みがあります。

 

その反応の一つが呼吸なのです。

 

例えば、ストレスのある環境下や、

嫌だと自分が感じている時、緊張している時は、

呼吸は浅くなります。

 

そんな時、よく意識してみてください。

 

呼吸は浅くなり、胸でなく、肩で呼吸するため、

肩に力が入り、肩があがっています。

 

ゆっくり深呼吸をしながら、肩の力を抜くと、

肩が下がると思います。

 

このように、人は、カラダの中に入れなくても、

外の環境に対して、自分のカラダが勝手に反応する

仕組みをもっています。

 

ゆでているほうれん草をただ見て、

それを見ながら呼吸しただけで、

自分の呼吸が変わって行くのですから、

 

とても不思議です。

 

まだの方は是非してみてください^^

 

野菜の声をきいてみる

P1030767

(レモンのお花)

————————

前回からだいぶ空いてしまいましたね。
寒いですがいかがお過ごしですか??

 

野菜の声を感じる料理というのを教室やセミナーなどでして頂いていますが、

簡単に言うと、呼吸を感じるって事なんです。

 

野菜にも実は呼吸があります。

息という感じが、自分の心と書くように、

呼吸(息づかい)には、その人や物の気持ちが反映されている物なんです。

 

一度やって見ると面白いと思いますが、

旬のほうれん草等をゆでて、その呼吸を感じて見てください。

【感じ方】

1 まず肩幅に足を広げて力を抜いて立って、深呼吸します。

  口から吐いて、鼻から吸います。

  この時に鼻から吸った息がカラダのどこら編まで入るか覚えておいてください。

 

2 沸いているお湯に、きったほうれん草を入れます。

 

3 ほうれん草から呼吸を吸うイメージで、鼻から息を吸います。

 

これだけです。簡単でしょ^^

鍋に入れたばかりの時は、先ほどよりも自分の呼吸が浅くなります。

吐いて吸ってを繰り返しながら、呼吸がどのへんまで入るか感じ続けていると

呼吸はだんだん深くなり、下腹部くらいまで到達すると、再度浅くなって行きます。

そして、また浅くなると、深くなっていきます。

こうやって呼吸を感じて行くと、

ほうれん草がまるで呼吸しているように、

ほうれん草の呼吸の変化を人が感じられるのです。

料理として美味しくなり、力が湧くのは、

やはり、下腹部くらいまで呼吸が深まっている状態の素材です。

 

どうですか?感じられましたか??

日常的にストレスの強い方は、呼吸が胸で詰まる傾向にありますので、

胸をこぶしで軽く何回か叩いてあげるとうまく行くと思います。

 

次回までに、試せる方は練習してみてくださいね^^

 

野菜にも呼吸がある

IMG_0557
 
10年程前、重ね煮という調理法を勉強しに岡山のとある宿に行った時でした。

−−−−−−−−−−−−
重ね煮というのは、お鍋の中に食材を、陰陽の法則に従って層にして並べ、
極弱火で野菜の水分だけで蒸し煮にするという調理法です。
火がじっくり入るため、甘みも出て、陰陽の調和した、
まろやかな料理に仕上がるのが特徴です。
−−−−−−−−−−−−

重ね煮には、最後に、味付けとは別に重ね塩というものを振ります。
それで、その宿の主人が重ね煮に塩を振ってくださった事がありました。
 
「よーくみててくださいね、塩を振っていくと、
ちょうど良い時に(野菜の)色が変わりますから〜。。。。。。。。
そろそろですかね。。はい!変わりました!」
 
そう言われた時、確かに、お鍋の中の野菜たちが、一瞬にして輝きだしました。
そればかりか、爽やかな風がお鍋から吹き上げていたのです。
 
私はとても驚きましたが、ふと周りを見渡すと、わかったと感じた人は少ないようでした。
塩の加減だけで、ここまで料理が変わるとはとても驚きだ!と感動したのを今でも覚えています。
 
有り余る歓喜を家に持ち帰り、早速友人に感動を伝えようと、
説明し、感じてもらいましたが、さっぱり伝わりませんでした。
 
こんなにはっきりと変わるのに、伝わらないのはショックでしたが、
これは特別な事ではなく、誰にでもわかり、昔の人が自然と感じていた事だと思い、
料理の秘伝のように確信し、これを機に研究し始めたのでした。
 
当時、気功体操を早朝していた事もあり、感覚の敏感な気功仲間にはよく伝わったのですが、
普通の人にはなかなか伝わらず、四苦八苦していましたが、
当時練習していた呼吸法からヒントを得て、
野菜の呼吸がある事を誰でも体感出来る方法を見つけたのでした。
 
見つけたといっても、一流の料理人や古人が自然とやっていた事を、
体系としただけに過ぎないでしょうが。
 
現在は、料理教室やセミナーなどでも教えていますが、
参加者の方から、「怪しい」、「私には無理かな」っと言われる事も多いのですが、
実際にやって見ると、野菜に呼吸があるというのが、自分の体験を持って感じられているようです。
 
体験に勝る、理論は多分ないと思いますからね^^
 
野菜にも呼吸があるなら、阿吽の呼吸で料理してみたいものです。
 
次回は、
フードサイコロジーの柱でもある、ブリージングクッキングとでもいう、
呼吸の感じ方を触れていこうと思います。
 

野菜の声を聞く料理??

P1040418
 
(パンペルデュ・全粒粉ソース -卵・乳製品等動物性不使用)
画像の質問も頂くのですが、自分で作って撮影のものばかりですので、
一応、なんなのか、タイトル付けていく事にします^^;
---------------------------------

フードサイコロジーは、食べ物を使って感情を探し、

感情をカラダに味わってもらい、よい形で消化してもらうものだ、

というような事をお伝えいたしました。

 

カラダを使う訳ですから、勿論カラダの働きを高めなくては行けません。

それは、やはり、食べ物という事になるのです。

 

そこで、カラダが元気になる食べ物というのを、

私は10年程、色々実験して来たのですが、

実際によく結果がでて、確信をもっていえる事が有ります。

 

・化学物質(農薬、添加物など)、有害重金属、菌類をなるべく摂らない。

・日常食とお祭り食の切り替えをする。

・野菜の呼吸(声)を感じて料理する。

 

また、食に絡む、心の分野として、付け足しをすると、

 

・一日に一回、頭のリセット(新皮質の忘却)をする機会を作る。

・感情の解放ではなく、味わいをする。

・祈り(感謝や頂きますなど)の必要性。

 

大体、この6つをフードサイコロジーでは大切にしています。

心の問題に関しては、心を変えると、カラダも変わっていき、

カラダの悩みが改善されるので、とても最初は驚きました。

 

少しずつ、説明していきたいと思いますが、

まずは、食について、触れて行きたいと思います。

 

多分最初に気になられるのは、

野菜の呼吸を感じて料理すると言う事だと思います。

 

これは、一見怪しいのですが、普通の事です。

一流の料理人は厳しい修行の中で、

自然と食べ物の呼吸を感じるように自然となります。

 

それは、塩梅(あんばい)、とか、〜加減といった形や、

食材の組み合わせ、料理の構築などでも表現されて行きます。

そして、それをする事により、素材の極上の旨味が引き出されるのです。

 

私が提案する、野菜の呼吸を感じる料理というのは、

その一流の料理人が一生をかけて習得する奥義のようなものの一端を、

お手軽に誰でも味わえ、普段のお料理で活かしてもらえるように、

アレンジしたものです。

 

野菜の力というのは、私たちの手元に届く間に

本来のあるべき姿から離れてしまいます。

農薬や、化学肥料、保存の環境、運搬環境、販売環境など、

野菜の本質にストレスをかける要因はたくさん有ります。

 

また、農家さんが大自然の愛と共に、

自分の愛情を注ぎ込んで出来た、

我が子のような野菜への想いというのも、

私たちには、なかなか伝わりません。

 

一流の料理人が感じているその食材への愛情や、

素材の本来の力を引き出すという事が一般の家庭でも味わえれば、

食への関心が理論(思考)を超えて、行動として、自然と、現れます。

 

なんだか御託を並べすぎましたが、結局の所はシンプルです。

 

思い出してみてください。

料理をする時に、「おいしくなってね〜」と、

お願いばかりしていませんか。

 

料理は共同作業です。

 

野菜の気持ちがあると思って、

耳を傾けることから、お料理が始まって行きます。

 

次回はもう少し、

具体的な方法について触れていきたいと思います。

 

ココロの「藤原の効果」

P1040103
 

こんにちは、台風、今晩、どうなるのでしょうか。

でも、今回の「藤原の効果」ってとても考えさせられました。

 

どんな効果かよくわからない方に搔い摘んで説明すると、

2つの熱帯低気圧が接近すると、通常とは違う動きをすると言う物です。

昨日のことですが、以前から交流がある方から連絡があったので、

色々と思い出しました。

その方は、元看護師さんなのですが、

初めてお会いした時には、看護師をされていて、

塩の映画を自主制作する為に、

伊勢に何度も何度も仕事の合間で行っていました。

 

話を聞いていると、相当ハードだったと思います。

 

そして、自分でどうしようと思わずに行っているうちに、

現地でなんと撮影クルーにスカウトされて、

そこで働く事になったのです。

 

その方から、昨日、制作した番組が放送されると、

連絡を頂いたのです。

いや〜なんだか、とても嬉しかったですね。

人を信じるよりも、自分を信じる事の方は数百倍難しい。

失敗しても、誰のせいにもできないですからね。

 

でも、自分を信じて志を忘れなければ、きっとうまく行く気がするんですよね。

でも、一人ではできないですから、周りの環境や人々の助けが必要で、

それが実を結ぶのを待つ事を信じる志も忘れてはいけないですね

 

今回のように、熱帯低気圧が上昇気流なように、向上心ある、志を覚えている人が、

くっつくと、「藤原の効果」を発揮できる気がします。

誰もが、自分では、予測可能な未来(進路)があるような気がしてるんですが、

それを一旦捨てて志に還る事で、予測出来ない結果がおきるような気がするのです。

 

この方は、自分で描いてしまう、予測可能な未来を捨てる勇気があったんですものね。

でも、普通にやろうとしてもなかなかできない。

不安は一杯ありますからね。

 

それで、私はフードサイコロジーなんて言っていますが、

これでなくても、自分の心の中の不安感を自分自身で消化する事は、

日常的に必要なのです。

 

私が個人的に尊敬する産婦人科の先生は、もう引退していらっしゃいますが、

食と心の在り方、そして祈りが大切だとおっしゃっていました。

 

ちょっと長くなるので、機会を改めますが、

食と心の在り方というのは、臓器など体と密接な関係が相互であるものなんです。

 

そして、祈りというのは、現代風に言い換えると、リセットする機会です。

これは「消化」という事なのですが、例えば、目を瞑って、深呼吸するとかして、

想いを味わうと、カラダが働いて、それを解決してくれます。

 

それを祈りの中で、昔の方々はされてきたのだと思います。

懺悔や、悔い改め、お詫び、お礼、感謝など。

 

そして、その味わうカラダを作るのが、食です。

実は、食材にもそれぞれ気持ちがあります。

それをお料理教室で皆さんに味わったりして頂いています。

 

不思議ですが、誰でもわかるものなんです。

次回はその事も書いていこうと思います。

 
●食べ物とサイコロジーを組み合わせた初のセラピー。
【フードサイコロジー アンヴィユ】
詳しくはこちらアンヴィユからご覧ください。

プラス思考の危険性

P1030571

今週末は雨の様ですね。

 

なんだか雨が降ると、心の湖に流れができ、

普段たまっている底の汚れが浮き上がってくるような気がします。

 

世間ではプラス思考が流行っていますが、

プラス思考は大きな危険をはらんでいます。

 

楽天的に考えるのはいいのですが、

悲観的に考える事はいけないと思ってしまいがちです。

 

プラス思考は行き過ぎると、

マイナスの想いを抑圧してしまうことが多くなります。

そうすると、そういう想いにかられている

自分自身をストレスに感じるようになります。

 

そして、まだまだ行くと、

そういうストレスを感じている自分自身をも

抑圧してしまいます。

 

こうなると、外見は明るく元気な人に見えても、

ストレスがどんどん溜まっていくだけです。

 

周りは「いい人だな」、「あんな風になりたい」と、

いうのですが、当の本人は辛い状況にいます。

そのもどかしさがさらにストレスを生んでしまいかねません。

 

そう感じない事もあるのですが、

ストレスを抑圧するのが癖になると、

そういうストレスを感じる前に、

ストレスを感じている自分自身を抑圧してしまうので、

意識的には感じる事が難しくなります。

 

食べ物をよく噛むと、身体がその食べ物にあった、

消化酵素を選んで出して、消化を助けてくれるように、

 

マイナスの感情でも、よく味わってあげると、

身体がその感情にあった消化酵素をだしてくれるものです。

 

フードサイコロジーでは、

体の仕組みを利用して、その感情を味わい、

活性化させる事を主としています。

 

雨で外に出れない日は、こういうセラピーでなくとも、

感情を味わって見るのも、一つの一日の楽しみ方かもしれません。

 

特に日々、体調が優れない方はやってみるといいです。

no reason, but there is something reasonable

こんな感覚、いいですね。
 
 
●食べ物とサイコロジーを組み合わせた初のセラピー。
【フードサイコロジー アンヴィユ】
詳しくはこちらアンヴィユからご覧ください。