ygglab

春の陽気と感受性

Date

IMG_0096
だんだんとマフラーも要らないくらい暖かくなってきましたね。
料理もそうですが、
温かくなると芽を出すもの(気づきやすくなるもの)って、
沢山ありますよね。
たとえば、雪の下に生えている新芽とか、
料理でいえば、冷たい料理よりも、
温かい料理の方が、感じる素材の味わいも多くなります。
もちろん、冷たくして味わう料理もありますが、
多くはすっきり感や清涼感、のどごしがメインになり、
自分の感覚に残らずに、すっと良い所だけ残して、
体の中にはいってくれというような料理もあります。
これらは食べる季節にもちろん関係するので、
冷たい料理が悪いとか言うわけではありません。
でも、調理したり、口の中に含む時間を長くして、
温めると、香りと共に、素材の味わい、甘みがひきたちます。
人間関係でもこれは当てはまりそうですね。
冷たくてドライな人間関係よりも、
温かい人間関係の方が味わいが多く生まれます。
まだ隠れてはいますが、
春の自然の、素朴な暖かさを感じながら、
人の温もりもいつも以上に感じていきたいものです。
 

 

More
articles

ローフードの技法を使ったアイスケーキ

この写真は、ローフードの技法を使ったアイスケーキ。 ローフードというのは、火を入れないローの状態で作る料理で、素材が生きた状態で取り込めることからLiving food と呼ばれたりもしています。 ローフードのケーキなど

秋冬は、マイコトキシンや寄生虫などのデットクスブーム

こんにちは、ゆぐらぼの深澤です。 もう気づけば年末、毎年そう言っている気がしますが笑12月から3月までは時間があっという間に過ぎてしまいますね。 僕も、いつもメニューなどを手伝わせていただいている。 エコモレストラン杜カ