お花が癒してくれるフラワーレメディ

昨日、心だけが自分でどうにかなるもので、
体はどうにもならないものだと言った。
これは、本当にそうなんじゃないかなって思う所がある。
そんなイギリス生まれの民間療法で、フラワーレメディというのがある。
これは、バッチ博士が、それぞれのお花にある、
癒しのチカラを体系的にしたもので、
レメディーと呼ばれるお花のエキスが溶け込んだものを
水で薄め、口に含み使用する。
実際には木も使われ、それぞれのお花や木には、
使う部分が決まっている。
またレメディーも、つんだお花を水に浮かべて
太陽の光で水に情報を転写する太陽法や、
煮てエキスを水に転写する煮沸法など、
様々な作り方がある。
 
フラワーは、主に心にわりと穏やかに響いていくように、
体と心に作用していく。
その仕組みは、お花が、体にメッセージを与えて、
メッセージを受け取ったからだが、
自己治癒力を高めて、症状を癒していくというもの。
薬の考え方とはことなり、
レメディー自体が作用して、症状を治すのではなく、
レメディーが体に作用して、体が症状に働きかける。
自分で自分の不調などを解決するのだから、
究極の療法だとある意味ではいえるかもしれない。
 
こういった仕組みを使う療法は、
世界中に沢山あり、原理としては共通している。
フラワーエッセンスの事を思うと、
体は、体や心にかんする自己解決力を元々いるといえる。
いくら体を表面的に治しても、
心は治らず、心の使い方で再度不調になることも多いが、
心を治して、体を治すという視点からすると、
その原因に根本からアプローチできる。
本当に、
心は自分が自由に使えるもので、
体は、その心の使い方を表すニュートラルなもの
なのかもしれない。
 
◆フードサイコロジーの食と心のメルマガ
*登録はコチラから
:::::::フードサイコロジーのセッション:::::::
■失敗パターン解消セッション——————————————————————–
恋愛・仕事の失敗パターン、うまく行かないパターンを解消
*詳しくはコチラ
■人間関係の問題解消セッション—————————————————————–
職場、パートナーとの人間関係の問題を解消
*詳しくはコチラ
■繰り返す心や体の不調解消セッション——————————————————-
なかなか治らない、よく繰り返す心や体の不調癖を解消
*詳しくはコチラ