来年は執着を手放す年

ふかさわ:
先日、幸運なことに女子会にご招待頂いた。食事会の中で、カラーセラピーのcaco先生のお話を聞きながらご飯を頂いた。
お話の中で出たのが、年の色だ。今年は、オレンジ色。目標を達成、決定する年だったようだ。来たる年、来年の色というのは。。。

来年の色、、、

来年は、バイオレット、赤紫。どうも今年決めたり、達成した事がどうだったか、判断される歳らしい。
その中で、執着を断ち切るという話が出た。今年決めたものが来年上手くいかなくても、それを無理やり修正しようとしたり、必要以上にそれにしがみついたりする事の無いようにとの話だった。

執着はどこから??

こんな経験あなたにもあるんじゃないだろうか?僕は結構思い当たる節がある。日常的にも執着することはとっても多い。フードサイコロジーのワークを続けているからか、少しはましになったのかもしれないけど、欲望は断ち切れない。
夕飯にあれが食べたいとおもって、それを食べられなかった場合、寝る前まで食べたかったなとおもっている。。。笑
でも、いったいどこらへんから執着が自分に影響を及ぼすのだろう?
執着と目標の違いはなんだろう?
愛情と執着の違いはなんだろう?
この違いについて考えたことがあるだろうか?
愛情が裏返るきっかけについて考えたことがあるだろうか?
今日の昼間、フードサイコロジーの相談を聞いていながらおもった。
執着との境界に気づくコツは簡単で、
食べ物をよく味わうように、自分自身の内側を味わうだけ。
今日から、実践してみよう。
> コツを知りたいならこんな講座もあります。無料ですぐ受けられます。

恋愛運を今の2倍よくする!?

ふかさわ:街を歩けば、イルミネーション。ハロウィン終われば即クリスマス。日本はグローバル。僕は日本のそんなフレキシブルさは好きだ。
そんな季節になると大体、何故かわからないけれど、恋愛の相談をされる事が多い僕。というか、シーズン関係なしに昔から多い。。
それに関連して、今日はクリスマス前なので、パートナーがいる人もいない人にも役立つ恋愛運を上げる(または、関係がより愛情深くなる)コツを書こうかと。。。

上手くいかないワケ

実は恋愛には、容姿を綺麗にするとか、オシャレにするとかよりも、もっと根本的なコツがある。(と言っても僕はモテるわけでも恋愛上手でもないけれどね笑)
恋愛が上手くいかない人というのは、程度に違いはあるが、ジャッジがはっきりしている人が多い。
相手のココが悪いとか、ココが自分と合わないとか、粗探しをするのが得意。口に出すか出さないかは、もちろん人により異なる。
だから、普段から人をジャッジする癖を自分の恋愛にも持ち込んでしまう。もちろん、愛情がホットな内はジャッジが緩いのだけど。。。

相手を受け入れる

だから、相手のあら探しをするんじゃなくて、いい所を見つけて、相手を受け入れよう!相手は悪くない、悪いのは自分の心の使い方だ!相手の良いところも悪いところも受け入れなきゃ!!

そんな事みんな分かってる。。

でも、そんな事は色んな本にも書いてあるし、映画やドラマのテーマでも取り上げられているかは、誰でも知っている。
もしかしたら、それが出来たら、自分の恋愛は上手くいくかも。。。と淡い期待を抱く人だっていると思う。
ただ、分かっちゃいるけど、それが出来ないというのがきっと多くの人の現実だ。

では、どうやったら解決するか

こういう事を解決する一つの方法に、両親との葛藤を解消する方法がある。
実は意識している事の方が少ないが、両親との葛藤を誰でも腹の中に抱えている。伝説のセラピストと呼ばれた吉福伸逸さんは、これを人類最大のトラウマだと言ったほど、根深いものだ。

なぜか?

なぜ両親との葛藤かというと、小さい頃両親と過ごした記憶の中で抑圧した想いが、成長するなかで、不快感の元になっている事が多いからだ。
無意識レベルなので、僕らはその原因を認識する事ができないけれど、そのよくわからない不快感を断ち切りたいという衝動に負けて、ついジャッジしてしまい、行き過ぎると、自分で自分の行動を制御できなくなることもある。
「あ、ついやってしまった。。。」って感じで。

臭いものには蓋。。。

親の事は大きくなればなるほど、悪く言えなくなる。昔は、汚い言葉で罵っていたかもしれないのにね。。笑
だから、子供の頃辛かった両親との記憶には、だいたい硬い蓋が付いている。臭いものに蓋を閉めてしまえば、外見は綺麗な瓶に見えるが、時間が経って、中の匂いがきつくなってくると、きつく閉めた蓋のスキマから段々と匂ってくる。
そうなると、外からみれば綺麗なものにも、無意識に不快感をいただくようになる。それがいわゆるモヤモヤや自分ではどうしようもできない行動の元になる。

無意識にアプローチする

フードサイコロジーでは、やったことない人でも出来る瞑想のワークを通して、瓶の中をきれいにしていく。
実際にしていくと、現在パートナーがいる人は、より深い愛情がそこに生まれてくるし、いない人でも、いい出会いが多くなったり、価値観が変わり結果今までよりも良い恋愛ができる事もある。
親にどこかしら(外見、行動、価値観など)が似た人をパートナーに選ぶ事ってのは結構多い。最初は全く別のタイプと思うかもしれないが、付き合っていくうちに嫌だと思うところは、実は自分の親の受け入れられない部分だったりする。
いい出会いが多くなったように感じるのは、理論的な説明は不可能だけど、きっと自分の選び方や接し方が無意識に変わってくるからというのが大きいと思う。
それだけ、パートナーシップにも、とても深い根を持っているのが両親との葛藤というわけだ。新しい年に向けて、心のデトックスをしたい人は、ぜひチャレンジしてみてほしい。
>>ワーク後もフォローがあるフードサイコロジーの集中ワーク

大好きな人とうまく行かない理由

こんなことってよくある。
大好きな人なのに、何故かけんかしたり、
いらん事言ってしまったり、
自分では分かっているのに止められない事って多い。
恋愛に限らず、
とてもかわいがっている部下だからこそ、
他の人には言わない細かい事まで、つい言ってしまう。
相手の為だと自分に言い聞かせながら、
自分は恨まれても良いと思い、
つい言ってしまう。
こんな事ってよくある。
でも、ここでよく考えてみて頂きたい。
その相手にしている事って、
実際は、自分がつい衝動的に
動いてしまっているだけなのでは?
心の中で涌き上がり、
ソワソワしてしまう何かに、
耐えられなくなって、
それをせずにはいられなくなって、
相手にしてしまっているのでは?
結果、相手の為だと思っても、
結局は、自分がそのモヤモヤを晴らす為。
もし今うまく行かない事があるなら、
一度、自分が、
「あ、やってしまった」
と思う行動の前の気持ちや状態を思い出してほしい。
それは、今を変える大きな力になる。
 
次回は、そのモヤモヤの力、
モヤモヤりょくについての解説。
◆フードサイコロジーの食と心のメルマガ
*登録はコチラから
:::::::フードサイコロジーのセッション:::::::
■失敗パターン解消セッション——————————————————————–
恋愛・仕事の失敗パターン、うまく行かないパターンを解消
*詳しくはコチラ
■人間関係の問題解消セッション—————————————————————–
職場、パートナーとの人間関係の問題を解消
*詳しくはコチラ
■繰り返す心や体の不調解消セッション——————————————————-
なかなか治らない、よく繰り返す心や体の不調癖を解消
*詳しくはコチラ

人類最大のジレンマは、恋愛・仕事の失敗の元

恋愛と仕事が、パターンが似てくるというのは、
以前、記事で触れた事があります。
実はその原因というのは、わりかし似ているところがあります。
恋愛も仕事も実は、両親が関わっている事がよくあります。
これは、サイコセラピーの世界では、ごく一般的なことですが、
人類最大のトラウマの一つととらえられています。
両親が小さい頃に与えた呪縛のようなもので、
大きくなってから自分を苦しめ、
さらに、自分の子へと伝わっていく、
遺伝的な呪縛ともいえるものです。
しかし、誰かに特別という訳ではなく、
誰もが持っているトラウマなのですが、
実際、そのトラウマに気づける人というのは、
限られていますし、
気づいたとしても、解消できないまま、
もがきながら人生を終えてしまう方がほとんどです。
最近セッションの内容をすこし細かく分けました。
これは、よりしっかりとケア出来るようにという事で、
時間もそれぞれ変えさせて頂いています。
両親の話は、母との葛藤を解消し、
恋愛はおろか、仕事さえも何故か変化していった方の話を例に、
詳しく解説してみました。
仕事がうまく行かない方、
子育てがうまく行かない方、
恋愛がうまく行かない方、
その他にも、日常生活がうまく行かない方は一度ご覧ください。
 
◆フードサイコロジーの食と心のメルマガ
*登録はコチラから
:::::::フードサイコロジーのセッション:::::::
■失敗パターン解消セッション——————————————————————–
恋愛・仕事の失敗パターン、うまく行かないパターンを解消
*詳しくはコチラ
■人間関係の問題解消セッション—————————————————————–
職場、パートナーとの人間関係の問題を解消
*詳しくはコチラ
■繰り返す心や体の不調解消セッション——————————————————-
なかなか治らない、よく繰り返す心や体の不調癖を解消
*詳しくはコチラ
さらに読む

あなたの愛情表現は現代的?原始的?

最近なんだか色濃い記事ばかりだけれども、
せっかくの機会なので、これも紹介。
刺激的だけれども、ちょっと面白い話。
 
先日出たアレクサンダー・ローエンは、
フロイト派の精神分析の研究者ライヒの弟子。
その為、リビドー(性的欲求)についても、研究がされている。
*リビドーは肉欲的欲求だけとは限らない。
 
それがとても面白い。
 
気功やヨガをやったことのある方なら分かると思うけれど、
呼吸というのは、口から入って、性器のちょっと上、
第2チャクラのあたりまで入る。
気功や武術では、下丹田といって、
ここに気が充実すると力が発揮できるとされる。
 
空気(酸素など)は、エネルギーのため、
下腹部まで呼吸が入る人は、
そこに最終的なエネルギーがチャージされる。
そのエネルギーを適正に使えるうちはいいけれど、
途中にブロックなどができて適正に使えなくなってくると、
その抑圧を行動で満たそうとしてしまう。
エネルギーは蓄えたらしっかり使わないといけない。
その表現の一つが、セックスというのが、ローエンの捉え方。
 
自然界でされているように、普通は、
男性が女性に後ろから覆いかぶさるようにしてする傾向があるが、
現代社会で暮らす私たちは少し違う。
向き合って、正面同士でするのを好む人も多い。
これは、相手に対する感情の高まりから、
目で見ながら感じたいと思う、現代的欲求だそうだ。
 
確かに、赤ちゃんの抱き方でも、
先進国は、向き合って抱く人が多く。
途上国では、おぶる人が多いという統計も見たことがある。
 
昔は、日本でも、背におぶる人が多かったと思う。
確かに、自分の感情的な抑圧を、
感情の伴う行為で満たそうとするところは、
現代人には、少なからず要素としてある。
機会があれば、意識してみると、
自分自身に向き合うことになり、
パートナーをより深く愛する事にもつながる。
愛情表現は、自分の内面のクリエーションだ。
 
◆フードサイコロジーの食と心のメルマガ
*登録はコチラから
:::::::フードサイコロジーのセッション:::::::
■失敗パターン解消セッション——————————————————————–
恋愛・仕事の失敗パターン、うまく行かないパターンを解消
*詳しくはコチラ
■人間関係の問題解消セッション—————————————————————–
職場、パートナーとの人間関係の問題を解消
*詳しくはコチラ
■繰り返す心や体の不調解消セッション——————————————————-
なかなか治らない、よく繰り返す心や体の不調癖を解消
*詳しくはコチラ
さらに読む

恋愛運をあげるハウツー

恋愛がうまく行かない。
又は、いい出会いがない。
 
そんな風に思う人は、
意外と多いんじゃないかなと思う。
でも、案外、恋愛運というのは簡単に上がる。
しかも、自分でできる事ができるから、
とても経済的。
 
恋愛がうまく行かないという人の大半は、
自己否定感が強い。
 
自分はどうせダメなんだとか、
いい恋愛をしたいんだけど。。。と、
なかなか行動に移せない。
これは、自己否定感が強いため、
なかなかうまく行かない。
 
逆に、自己否定感が強いあまり、
自己肯定感が過剰すぎるのもうまくいかない。
海にいるカキと一緒で。
硬い殻を作って、見て欲しくない、
触れて欲しくないデリケートな中身を守っている。
 
自己否定感が少し落着いてくると、
自然と行動が積極的になり、
また、人間関係も落着く。
しかし、これは無意識の内に行われるため、
なんだか知らないうちに
恋愛運がよくなったと感じる事が多い。
 
恋愛のケアに関しては、少し自信がある。
(自負しているわけではないけれど。。。)
 
じゃぁ、どうすればいいかというと、
先日、紹介した鳥をつかった瞑想をオススメする。
温かい恋愛がしたい、
パートナー湿布を改善したい人には特にオススメ。
瞑想の記事詳細はコチラ
 
◆フードサイコロジーの食と心のメルマガ
*登録はコチラから
:::::::フードサイコロジーのセッション:::::::
■失敗パターン解消セッション——————————————————————–
恋愛・仕事の失敗パターン、うまく行かないパターンを解消
*詳しくはコチラ
■人間関係の問題解消セッション—————————————————————–
職場、パートナーとの人間関係の問題を解消
*詳しくはコチラ
■繰り返す心や体の不調解消セッション——————————————————-
なかなか治らない、よく繰り返す心や体の不調癖を解消
*詳しくはコチラ
さらに読む

自由な鳥は、想いの実現も自由

(ソリタリーバードの5つの条件は、)

1)最も高いところを飛ぶ
2)たとえ仲間たちとも群れを作らない
3)常に翼を上に向けている
4)特定の色を持たない
5)静かに穏やかに歌う
 
ソリタリーバードは孤独でありながら、
仲間が集う不思議な鳥だという事だったけれども、
もう勘のいい人はお分かりの通り、
人生の流れに乗っている人は魅力的に見えるものだし、
自分ではどうにもできない大きな流れに乗れるってことは、
自分の力を最小にして、
最大の力を発揮できる環境にあるってこと。
らしさが発揮されている人は人を引きつける魅力もあるし、
その状況を作ろうとしてそうなったわけではなく、
周りがその人の「らしさ」を引き出そうとして、
集まった結果、その人の魅力が引き出されるかもしれない。
卵が先か、鶏が先かの話ではないけれど、
波に乗れないと、なかなかそれは出来ない。
実は、波が来てもそれに乗れないという事は、とても多い。
私自身出来ているなどと言えないけれど、
波に乗るには、心をクリアにしないと難しい。
ラム・ダスは瞑想の事を説明するのに
サーフィンを例に出した事がある。
「瞑想はサーフィンに似ていて、
一度良い波に乗ってしまうと、
またその波に乗ろうという願望が生まれてくる。
でも、その乗ろうとしている波は過去のもので、
その波に乗ろうとすればするほどうまくは乗れない。
過去をすて、心を縛る事なくすると結果的に乗れる」
要約してしまったが、
このソリタリーバードのように、
うまく風にのって旅を楽しむには、
風に乗ろうとしてもだめだし、
良い風を追いかけても行けないという事だ。
よくわからない話だけれども、
少し分かりやすくする話として、
次に、「鳥の瞑想」を紹介しようと思う。
これは、セラピーでも効果があって、
皆さんにも是非おすすめしたい。
では、次回をお楽しみに。
 
【::以下お知らせです::】
■今後の開催イベント——————————————————————–
・6月8日(日)  まだお申込受付中です
呼吸と食・心の人生始まりセミナー(食事付き) @麻布

 食と心のとても濃い会になりそうです。ピンと来た方は是非おこしください。
 *詳しくはコチラ
 
■フードサイコロジーのセッション——————————————————————–
人間関係やパートナーシップ、恋愛、仕事などで気になっていたり、悩まれている事、
また心身の不調などを、食と心のアプローチで解決していくセッションです。
セッションをされた方は、不思議と、自分らしい人生が生きられるようになっていきます。
*詳しくはコチラ
 
■食べない料理学講座——————————————————————–
フードサイコロジーの食べない料理学がリニューアルします。
不調を探す食べないスパイスやボディーワークなど、
自分でセルフケアができるようになるコースです。
今回は、もっと実生活にいきる、
ノンバーバルコミュニケーションが取り入れられています。
*詳しくはコチラ
 
■呼吸のマネジメントクラス——————————————————————–
フードサイコロジーの柱である、呼吸の料理を実際に学びます。
料理を通して、感覚を磨き、呼吸を通して、ライフマネジメントを学ぶコースです。
*詳しくはコチラ
 
HPリニューアルしました————————–
Ygg Lab.(ユグラボ)  http://ygglab.jp/
 

脳が変われば、人生は変わる

昨日、知り合いの料理家さんにパーティで会い、
熱弁を傾聴し、その方の料理への想いを感じた。
その中で、ランドマークという、コーチングの一種の話がでた。
脳の中のシナプスをより効率的につなげていけば、
人生がより豊かになっていくという話だった。
私は、その話を聞いて、特に不思議には思わなかった。
少し目を細める人もいるかもしれないが、
実は、科学よりも、宗教や民間療法は進んだ理論を使っている。
特に、最近では、宗教のトレーニングを研究して、
脳科学と結びつけて考えていくと、宗教のトレーニング自体が
脳をより高度に使っていく為のトレーニングになっているという話も多い。
科学的には、まだ一部しか証明できないけれども、
人生を豊かにしていこうというメソッド自体は、
古くから世界中にあって、多くの修行者の経験と努力により、
高度に発展してきているのだ。
フードサイコロジーのアプローチも、
ほとんどが300年以上の歴史が続くものを採用し、
それを現代の深層心理学や、脳科学や
コーチングなどで効果が出ているメソッドと合わせアレンジしている。
特別なことをしなくても、
人は元々改善できる仕組みを、体のなかに持っているし、
それをつかってあげれば、何も特別なものは要らない。
 
そういう意味では、話に出たコーチングの話を聞いても、
不思議には思わなかった。
脳をはじめ、神経に働きかけるメソッドを実践して、
そのつながりが豊かになってくれば、自然と人生は豊かになっていく。
 
でも、ここに落とし穴が一つある。
 
実は、神経に働きかけるメソッドでは、
考えないことが大切なことでもある。
もちろん考えることも大切なことではあるけれど、
理論的に考えたり、因果関係からアプローチしていくと、
脳の表面的な部分しか使えないため、
ワークが表面的になってしまう可能性が高い。
深く作用するワークにする為には、
考えずに感じるワークをして、
脳をより深く使っていく事が必要だ。
フードサイコロジーで、考えないワーク取り入れているのは、
こういう理由のほかにも、
言語を超えたワークの方が結果が出ている事や、
言語と脳の仕組みを大学で研究していた時の自身の経験がある。
言語を通して、原因探しやアプローチを始め、
最終的には、感じるワークをしながら言語を超えていく。
このプロセスは、子供の言語獲得プロセスの正反対になるが、
表面的にしか脳を使えなくなった大人には、
とても有効なプロセスになる。
 
【::以下お知らせです::】
■今後の開催イベント——————————————————————–
・214年6月8日(日)  まだお申込受付中です
開催「過去」「現在」「未来」食と心のデトックスセミナー @麻布

 食と心のとても濃い会になりそうです。ピンと来た方は是非おこしください。
 *詳しくはコチラ
 
■フードサイコロジーのセッション——————————————————————–
人間関係やパートナーシップ、恋愛、仕事などで
気になっていたり、悩まれている事、
また心身の不調などを、食と心のアプローチで解決していくセッションです。
セッションをされた方は、不思議と、自分らしい人生が生きられるようになっていきます。
*詳しくはコチラ
 
■食べない料理学講座——————————————————————–
フードサイコロジーの食べない料理学がリニューアルします。
不調を探す食べないスパイスやボディーワークなど、
自分でセルフケアができるようになるコースです。
*詳しくはコチラ
 
■呼吸のマネジメントクラス——————————————————————–
フードサイコロジーの柱である、呼吸の料理を実際に学びます。
料理を通して、感覚を磨き、呼吸を通して、ライフマネジメントを学ぶコースです。
*詳しくはコチラ
 
HPリニューアルしました。(げn)
Ygg Lab.(ユグラボ)  http://ygglab.jp/
【 enville (アンヴィユ) 】  http://ygglab.jp/
 

【呼吸の料理と集中】「過去」「現在」「未来」のセミナー

料理で迷わなくなる為には、集中が必要だと前回触れた。
集中する事は、簡単な事に思えても、
実際にしてみると、多くの人にとって難しい。
しかし、先人達の残してきた方法の中には、
ちゃんと方法論が用意されている。
瞑想などでは、マントラを唱えたり、数を数えたり、
呼吸に意識を集中する事で、意識が散漫になるのを防いできた。
呼吸の料理をしていると、
調理中は常に料理から感じる呼吸に集中している為、
意識が散漫になることは少なくなる。
結果、ごちゃごちゃ考える脳は静かになり、
ものしりな古い脳がよく働く。
こういう風に料理をしていくと、料理を作るのではなく、
結果的に料理が仕上がったという現象が起きる。
順番が逆転するのは、とても不思議な現象だと毎回感じる。
 
以下イベントのお知らせです~
「過去」「現在」「未来」をテーマにした、
心と体のデトックスセミナーです。
食事会もありますので、お近くの方は是非いらしてください。

(=================================================

今回は、NLPをされていて、学童保育にも関わられている
カウンセラーの嘉一さんとのコラボセミナーです。

この企画は、学童保育に関わられているところから、
お母さんたちのお弁当の中身を何とかする方法は無いですか?

との雑談から始まりました。

子供達が仲間内で食べていると、
自分のものは冷凍で恥ずかしいと思う子供もいるようで、
その現状をお母さん達はしっているのだろうか、
もっとお母さん達がお手軽にお弁当を作れる方法はないだろうか?

と、現場にいる嘉一さんならではの素朴な疑問からでした。

そこから話はふくらみ、
これを機に実行してもらえるくらいの場にしたいと思い、
企画が膨らみました。

実際の内容はというと、

<食と心セミナー>&<簡単一品手料理教室>&<ランチ会>

やりたいことが多くててんこ盛りになってしまいました^^;

セミナーは「過去」「現在」「未来」をテーマに、全3回シリーズ完結です。
このシリーズを複数回やる予定なので、順番に受けなくても大丈夫です。
合う日程からご参加ください。
別日程で振り替えていただけるようにしますのでご安心ください。

■日時
第1回(過去編):5月11日(日)11時〜14時30分
第2回(現在編):6月8日(日)11時〜14時30分
第3回(未来編):7月6日(日)11時〜14時30分
※開場は各回とも10時45分です

■参加費 全3回15,000円(税込・初回当日払い)
※セミナー代、料理教室代、ランチ代、カフェ代が含まれます

■場所 ゆんぼうや(東京都港区南麻布3丁目)

■定員 10名

どんな内容にするか、嘉一さんと話し合ってきました。

・食(食材)の力と心 ・心を整えることと料理の関係性
・学童保育(子ども教育)の現状
・手料理について
・愛情を込める、医学的根拠
・気功との組み合わせで味が変化
・古い脳を使う料理 ・身体の使い方
・体重と心の状態などなど

セミナーは、「過去・現在・未来」のテーマで展開します。
深澤の食を通して体験した心と身体のお話しと
世界中で料理を学び提供してきた経験、
かいちさんの1年で体重25kg落とした体験と
メンタルトレーナーとしてお伝えしてきた経験を融合した内容でお届けします。

その後、このセミナーのテーマ(過去・現在・未来)に合わせた
一品手料理を学び食し、身体で感じていただきます。

初めての試みなので、どんな展開になるか、
僕たちも楽しみです!
このようなテーマにご興味あればぜひどうぞ〜

【お申込はコチラ】

*お問い合わせ欄に、
「ゆんぼうやセミナー」とご記載ください。

==============================================

・かいちさんプロフィール
377853_208420299249052_271345238_n
(株)ゆんぼうやの管理責任者をされていて、
ご自身の経験から、心のあり方を、
心と言葉、行動で伝えていく
カウンセリングもされています。

子供と遊ぶのが好きで、
子供が子供らしく遊び育つ教育に
関わっていくと同時に、
両親の心のケアや、食など、
総合的なケアを目指して活動されています。
 
 
 

【呼吸の料理とコーチング】

先日ガルウェイの話を唐突に出した。
なんとなく距離を置いていたが、最近流れが来ているので、
思い切ってのってみる事にし、改め
て見返してみた。
結果、料理と心の動きの共通点に改めて感動した
テニスコーチのティモシー・ガルウェイは、
ある意味では、感じ
るコーチング手法を提案したという事ができる。
ガルウェイは、プレイ中に、反省したり、理論的に考え、
自分に指示を出している自
分をセルフⅠ、
実際にプレーしている自分をセルフⅡとした。

考えるセルフⅠが優位な時には、いいプレイは出来ない。
逆に、考えずにプレーに夢中になっている時には、
セルフⅡがセルフⅠよりも優
位になっており、
結果的にいいプレーができる事が多い。

実は、料理も同じで、迷っているときほど、
中途半端な味になる事が多い。

感覚でやっている間はいいが、一端考え始めると、
迷いが生まれる
ばかりか、失敗につながる。
盛りつけなど、決めの時はさらに顕著で、
一度迷い始めたら、ほぼ決まらなくなるといってもいいくらい
だ。
考えない為にはどうすればいいか、
今度はそこが問題になって
くる。