子供の発想力を伸ばすワーク

ふかさわ@フーコロ
具体的にいうとネタバレするかもしれないので、色々伏せて書くと、この前、とある会食に参加させて頂いた時に、今の若い人は責任感も向上心もないけど、それが新人類で、これからのリーダーシップが変わろうとしているというような話が出た。
僕は、子供に勉強教えるのを自分の為の趣味として18の時から続けてきているのだけれど、とても話に納得してしまい、言葉が出なかった。
今の子供さんの中にも、確かにそう言う人をチラホラ見かけるようになった。一見無責任で、向上心もなく何事にも無関心に見えるのだけど、心の中では何か熱いものを抱えている。
それを、大人が今までの価値観でやる気を出させようと、何か方向付けを強制してしまうと、ものすごい反発をされるか、その熱いものを見つからないように内側に隠してしまう。逆に、本人の中の熱いものをベースに自分で行動を起こすと、普通では考えられない事も難なく成し遂げるものすごい力を発揮する。
こういうタイプの場合、周りが管理すればするほど、やる気と創造性を失いやすい。もちろん、管理してほしい子供もいて、特に学校の勉強なら、管理した方が短期で結果は出やすい。
でも、長期で見た時には、時間はかかるかもしれないけれど、子供にあぁだこうだ言わずに、本人が自分で情熱に火をつけるのを促し見守る方が上手くいく。(僕もいろいろ試してみたけれど、無関心でなくて見守るのがうまくいく気がする。)
これは、僕がとある学習塾で管理型と放任型のマネジメントを1年ずつ試したのを見た事があった経験からで、後者の方が上手くいったのを見てそう思った。
管理型だと、子供の情動と切り離されたカリキュラムが提供されていく。と言うよりは、カリキュラムの順番が決まっているので、上手く子供の学びたい欲求に対応しにくく、心と頭が分離しやすい。だから、テスト前以外では全然やる気が起こらない事が多い。
逆に、本人ベースだと最初はテスト前日にならないと焦らないかもしれないけれど、だんだんと、自分で先を読む力がつくか、学習能力がかなり向上する。
こう考えると、この一連の原因は子供にはなくて、むしろ、それを見守れない方の問題だと思えてくる。見守る事ができないと、子供のプロセスに介入するか、イライラを断ち切ろうと無関心になる。どっちに偏ってもダメ。
フードサイコロジーでは、どっちにもいかず、ちゃんとそこにいる為のワークをしている。子供さんに悩む親御さんとかにもおすすめ。
*今フードサイコロジーのワークはリニューアルチュウなので、ご興味のある方は下記の無料講座にご登録いただくか、お問い合わせよりお問い合わせください。追ってご案内させて頂きます。
 

profile01

深澤大輝 (Taiki Fukasawa)

ココロの食養家。ユグラボを主催。ひらめく力を磨き、今の自分にあった滋養食を作る「呼吸の料理」を提案。食と心のケアから、自分らしいライフスタイルを生きるフードサイコロジーを提案。知識を実践的な知識と感覚に落とし込む大人や子供の教育、食育に力を入れている。

<オススメ> フードサイコロジーの味わい講座 人には言えない、個人的なわずらしい問題を「コッソリ」自分で解決し、自分らしい人生の一歩を踏み出す方法を身につけよう。

今なら無料で参加できます

やってはいけないライフストーリー・・・?

ふかさわ:
昨日、子供の話が出たけど、実はあれって教育以外にもものすごく深いテーマがある。
実は、昨日の記事にも書いたように、子供をなかなか最後まで見守っていられない。子供に限らなくても、他人を最後まで見守っていられないというのは、やってはいけないライフストーリーの一つだ・・・

ストーリー1:

人には、それぞれ固有の思考パターンがある。それで、自分なりのライフストーリーを生きているつもりだろうけれど、無意識に人の人生を生きている事がある。
もうすでに気づいてると思うけれど、きっとあなたの中にも過去に人の人生を強いられた経験が多かれ少なかれあるはずだ。多くの場合、両親の人生を小さい時に強いられる。。。

ライフバリュー:

その人に強いられたストーリーというのは、あなたの価値観に無意識のうちに影響を与える。人を、自分の基準でコントロールしたいと無意識に行動するようになる。
昨日の記事で触れた両親のコントロールが減ると、子供の学習スピードが上がっていくというのは、コントロールが外れたときに、子供が自分の人生を本気で生きようと思えるからだろう。両親の人生を強いられているうちは、子供は自分の人生よりも人の人生に価値基準を置いて生きようとしてしまう。

大人のストーリー

今、多くの大人が自分に根ざした人生を生きたいと、ワークスタイルを変えたり、本当の自分を探そうとしている。それには、こういう過去の強いられた呪縛を解消する方法も一つの解決策となる。
自分がやりたいと思っていること自体が、本当に自分のストーリーに必要なものかは、その呪縛を取り払わないとたどり着くことは難しい。

今ある環境を大切に

だから、もしライフストーリーを変えたいと思っている人がいるなら、今の環境から、自分の心のケアをしていく方法をお勧めする。
子育てをしている人なら、子供を育てるときに、仕事を変えようとしている人は、生き方を真剣に考えたときに。自分が嫌だと思うこと、不快感が出るところというのは、過去の引っ掛かりを取り去るきっかけになる。
そのコツは、その不快感をひたすら味わうことにある。日常の中の違和感、逃げずに、それをただ感じてほしい。
味わうことで、誰にでも解決できる自己治癒力というのは備わっている。
Just Feel it!!!
> 味わうコツを無料で習得できる連続セミナーはコチラ
 

子供が勉強できるようになるコツ

ふかさわ:
「うちの子、今度のテスト大丈夫ですかね?」
この前、親御さんから聞かれて、大丈夫かどうかなんてしらんがなと内心思いながらも、「大丈夫じゃないですかね(+笑顔)b」って答えた。
もちろん、嘘で言ったわけではなく、大丈夫だと思ったからそういった。結果、その子はしっかり9割以上の点数を取ってきた。。。
実は、勉強がよくできるコツは、勉強よりも本人の中にある・・・

勉強の悪循環・・・

教育業もマーケットとして成熟してきている分、顧客も多いわけで、自分の子供の勉強の事を心配する人は多いはずだ。勉強の基本をみんな人と比べてみるものだから、自分の子供のテストの出来が悪いと、心配になって勉強をさせようと塾にいれたり、カテキョつけたりする。
でも、勉強したくない本人を勉強させるときに、みんな無理やりやらせちゃう。「勉強しなさい!」って。それやっちゃうと、どんどん勉強しないから、親はますます心配になって、悪循環に入っていく。

何が問題なの・・・?

んじゃ、どうしたらいいの?何が問題なの?かって、そりゃ、親の気持ちが問題なわけですよ。
子供は、意味のない勉強なんてしたくないわけだから、する事の方が問題なわけで、勉強をさせるっていう構図は、二人にとって問題なわけ。
最初は、親だけの問題1つだったのに、こうやって問題が2つになる。これを無理やり進行すると、問題は、対数のようにガーッと一気に増えて行く。
(もちろん、子供が勉強したいとか、今のままじゃヤバいから勉強しなきゃと思っていれば別ですけどね。)

悪循環を解決する

だから、この悪循環を断ち切るには、親が自分の心配している部分をケアする必要がある。
親が気にならなければ、全部クリア。勉強ができていないのが、「いけないこと」だとジャッジしている部分に問題があるわけだ。
フードサイコロジーでは、子供を持つご両親へのアドバイスもしているけれど、子供にどうこういうよりも、それを心配する親の内面をケアしていくと、子供が生き生きしてくるケースが多い。

自分の人生を生きる

子供は、強いられることが少なくなり、自分らしく生きることができるようになる。そういう環境をセーフベースというけれど、セーフベースでは、生きるチカラが育つ。
結果、子供が、自分の人生開拓のために勉強をし始めると、学習意欲や、吸収力が桁違いに違う。
子供が自分に根ざす前に、強制力だけで動かすと、表面的で短期的には結果が出るが、その子らしさからは遠のく。
あなたは、自分の子供を見守っていられるだろうか?
>>味わいのワークは、その第1歩にきっとなる。

気は腎臓から動かす!

ふかさわ:
先日、中健次郎先生の気功教室に参加させていただいた。
先日、ユグラボが主催した気功教室の講師のharuくんも一緒に参加し、帰り道にその日でた腎臓の話で盛り上がった。
気功は腎から動かす。腎を動かすとエーテル体が動くと。ほうほう・・・

見えない世界の真実度

僕は、気功の事を15歳の時に知り、体感してからは日常にするようになった。
気功というと、見えない世界だから尺度がなく怪しい。だから、自分の感覚で感じられるくらいに練習しないとよくわからない。
僕も、理論や概念だけだとあまり信じられないタイプなので、実感をするようになって真実味がでてきた口だ。

人間は肉体が衣を着ている

この前も話にでたけど、人間は肉体以外にもいくつか体がある。
そのうちの一つは肉体を動かしているエネルギーの部分で、気功で練習するのは、肉体ではなく、エネルギー体(エーテル体)の部分。

体を鍛える意味

体を鍛えるというのは、肉体を鍛えている事になる。
肉体だけではカラダはうまく動かないので、エネルギー源も鍛える必要がある。それには、エーテル体も動かして鍛える。エーテル体を動かすには腎臓なのだそうだ。確かに腎臓を動かすと、気の流れが強く動くのを感じた。

腎から動く。。

肉体を動かす前に腎から動かす。そして気が動いて体が自然と付いてくる。これがなかなか難しい。。自分が今までしてこなかった動きはかなりの集中力がいる。5分と集中力が持続しなかった。これは練習あるのみだ。でも、最後にした手で印を組んでする気功はとっても気持ち良かった。
意識が朦朧として、瞑想状態に深く入ったようになり、終功(終わりの動作)に入っているのに気づけなかった。
腎から動く、僕も意識して毎日過ごそう!
>> お申し込みはこちら
(お名前、ご連絡先を記載してお送りください。)
今度のharuくんの「お手軽気功の会」は、来月。
日時 2016年1月19日(火) 13時15分〜14時45分
場所 ゆにこむプラザさがみはら
相模原市南区相模大野3丁目3番2号
参加費 500円
講師 haru

教えず感じると、相手も変わる

深澤大輝
ふかさわ:なんか最近のフードサイコロジーは子供の話ばかりだぞ。って言われてしまいそうだけど、今日もその話w
結構ね、教育の話って面白くて、子供の教育の考え方を考えていくと、社会人も同じだし、もっと言ってしまえば、セラピストやカウンセラーだって、経営者だって一緒になる。
自分が続けてきているのも、自分のいい勉強になるからでもある。人にワークをする立場なら日々のトレーニングは欠かせない。
以前、苦労した教え子がいたんだけど。。。そりゃもう、超がつくくらいの悪ガキで、皆に煙たがられて、僕のところにある日突然やってきた。。。

もうね、最初に言っておきますが、、、、

最初、全然っ授業にならなかった。もう動物園状態でした。
それでね、その時、僕もなんとか言う事を聞いてもらいたい状態だったから、あの手この手を尽くして、交換条件とか、世間話とか、その子の好きそうな話とか、鼻先に人参をぶら下げる戦法で、なんとか勉強してもらおうと手を尽くした。
でも、結局ダメだった。それどころか、嫌な事をたくさん言われ、わりとメンタル自身あった僕も少し凹んだ。というか、意識的には凹んでない気がしてたのだけど、気功をやっているからか、何かキツく言われる度に、胸のあたりの気がひどく歪んでいるのがわかった。
胸をえぐられるように苦しかったのに、いい人ぶって笑顔で、授業を進めようとしたのを今でも覚えてる。自分は全部知っていたのにさ。。

あぁ、どうしよう・・・

なんとかしなきゃ、どうしたらいいのかな、そう思って最後に始めたのは感謝のワーク。
意識的にはスルーできてるつもりなんだけど、相手の発言に自分の胸が苦しくなるってのは、自分にも何か似たような後ろめたい想いがあるって事。普段、無意識にうまく隠してるけどね。
それを感謝のワークでアプローチした。やり方は簡単で、イメージしたその子を目の前にして、毎日ひたすらワーク。毎朝晩とり組む。それで2、3週間くらい経ったあたりから、何かを言われても胸の苦しみが出なくなるのがわかった。

自分の先入観が外れる

いつもは胸が詰まる言葉にも特に引っかからなく、聞くとその言葉の先の情景っていうのか、その子の想いっていうのがだんだんと見えてきた。
というか、むしろ、辛かったのは僕じゃなくてお前の方か!って、その子の心の中を垣間見た気がして、辛い想いを共感してしまったからか、僕も泣きかかった。。。結局、僕は、自分の心が乱れる方に気をとられ、その子のメッセージに気づいていなかったのだった。
それから、なんかしらないけど、その子が、自分から勉強やるようになってきたし、なにより、椅子に座ってられるようになった。

自分に腰を据える

僕は、ワークを始めてから、その子に強制するのを一切やめていたので、その子が自分をベースに動き始めた事が嬉しかった。自分の意思をはっきり伝えるようになったし、好きな事に夢中になる力に磨きをかけた。そんで、無事受験も終わり卒業。
僕にとってもこれはいい経験で、ここで取り組んだワークのおかげで、苦手な人と喋るのが圧倒的に楽になった。結局たまたま、その子との相性が最初は良くなかったんだけど、そのやりにくいなって気持ちは、他のシチュエーションで感じる物と根っこで繋がっていたって事。
みんな嫌な想いってのは、鬱陶しいから、心の奥深くにしまっているもので、自分でそれを取り出す事はなかなか難しい。
でも、それをかき混ぜ、引き出してくれる相手が出てきたときには、鬱陶しさを消化していくスーパーチャンスにもなる。

どこまで向き合っていったらいいのか

ある先生は、人間死ぬまで、すったもんだしてるんだよって言っていた。
日常の些細な事に一つずつ取り組んでいくことで、自分が上っ面でなく腰を据えて相手と向き合うことができるので、相手も自分に腰を徐々に据えていくことができる。
人に何かを言って変わってもらうよりは、人間味があって暖かい解決方法の一つでもあるんじゃないかな?
この感謝のワークは、フードサイコロジーでも取り入れているワークだけど、感謝の力って毎回すごいなと想う。
フードサイコロジーで、自分で解決する力をつける技術を身につけてもらうワークをしている。ただ、フォローワークをちゃんと設けている。たった1回だけのワーク、しかも人に教えてもらっただけでは、そんな力はつかない。ちゃんと自分で向き合ってこそ。
人から与えてもらうものは、なくなるけれど、自分から向き合ったものは、残るし次のきっかけにもなる。
あなたの周り、苦手な人いたりする??
後日談:その後、しばらくたってから、たまたま外でその子に出くわした。恥ずかしそうに挨拶してきたから「なんだ、ちょっと大人しくなりすぎたんじゃないの?」って茶化したら、うるせ〜ってハニカミながら言われた。ん〜、いいねっ!enjoy your life!!
>>フードサイコロジーのワークはこちら