2つのカラダを温める食事

ふかさわ:
昨日は、呼吸の料理の料理教室。
東京も寒くなってきたんだけど、昨日も教室中は汗ばむくらい熱かった。参加者の方も、「熱い、熱い・・・」と終始おっしゃっていた。
だいたい料理教室をするとカラダが熱くなる。教室では、2つのカラダをケアする方法を勉強する。

2つのボディー

人には、2つのボディーがある。見えるボディー(物質的なカラダ)と見えないボディー(エネルギーのカラダ)がある。
呼吸の料理では、この2つのカラダをケアする。
ドイツの思想家シュタイナーは、人間は肉体がいくつかの衣を着ているといった。肉体がエーテル体っていう衣着ているんだと。これはインドでもサヤの例えで同じようなことが言われている。

順番に整える

僕は、教室で大抵は体操を最初にするようにしている。
中国の気功でも、肉体レベルから始めて、見えない気のレベルへとだんだん練習の幅を広げていくように、見えるカラダと見えないカラダを順番にほぐしていく必要がある。
呼吸というのは、見えない部分だから、まず肉体レベルでのカラダをほぐすことで、呼吸の通りがよくなり、自分の呼吸を感じやすくなる。(呼吸は普段無意識の領域なので、カラダが凝り固まっている状態だと、意識的に呼吸を感じる事が難しいケースは意外に多い。)

料理でいう2つのカラダ

自分の呼吸が感じられるようになると、いよいよ料理でも2つのカラダにアプローチしていくことになる。
じゃぁ、このカラダを料理でいうとどうなるかというと、見えるカラダは味とか、食感とか、栄養素とか。
見えないカラダは、料理全体のバランスやマイルドさ、食べた時のパッとくる感じとか、味は普通なんだけどなんだか美味しいと思うような全体統括の部分。

2つのカラダを意識する料理

呼吸の料理教室では、この2つのカラダを活かす方法をカラダで実感しながら学ぶんだけど、見えないカラダの方が整った料理が出来てくると、カラダの気の流れがもの良くなるからか、体温が上がる。
作ってて熱くなる。こりゃ不思議ですよ。呼吸の料理っていうのは、知識や味だけでなく、生命力(エーテル体)の部分も一緒に調理する料理。
本当は、どの食養にもこういう視点ってあったんだけど、今レシピとか成分とか見えるものだけにフォーカスしてしまっている。
そんな中で、肝心な野菜の生命力を感じ、活かす技術っていうのを身につけると、料理はもちろんだけど、日常も変わる。しかも呼吸の料理は、呼吸という誰でも毎日していることをベースにしているので、誰にでも今日から取り組める方法。
なんか結果的に、めっちゃセールスになりましたけど、興味のある人は、通信講座是非受けてみて。
> 呼吸の料理通信講座

甘みがないスイーツが甘すぎる!

ふかさわ:
昨日、ガンの食事療法中でも食べられるスイーツというのを頂いた。
砂糖もグルテンもフリーなスイーツだ。きっとこれをきいたら、えー甘いの?不味そう!って聞こえてきそう。。。笑
甘いからスイーツなのに、スイーツから甘さをとったら何も残らないよ、砂糖が入ってないってスイーツじゃないじゃん。。。ってね。。
まぁ、でも、食べてみたら美味しかったのよね。これが。むしろ、こりゃよく考えて作ってあるな、って美味しさに加えて感動した。甘みは、素材の甘みを引き出すようにうまく調理されていて、甘さが足りないなって感じがしなかった

よく考えられた甘み

甘みは、砂糖を使っていないそうだ。みんな砂糖不使用ときくと、すぐにメープルとか、アガペーとか思い浮かべる。けど、そうじゃない。
本当に砂糖が入っていない。その代わり、甘みはほんのすこしのドライフルーツと、ナッツの僅かな甘み。それと、キャロブやココナッツオイルの甘い香りがケーキ全体の甘みを引き立てている。
グルテンがダメだから、ベースはおから。これもよく考えられていた。

最小の力で引き出す

実はね、このケーキ2種類頂いた。
一つは、キャロブ。もう一つは、紅茶のケーキ。キャロブっていうのは、豆の乾燥を粉末にしたものなんだけど、そちらには、砂糖が入っていない。逆に紅茶には、ほんの少し甘みとして黒糖が入っている。
食べてみると、砂糖が入っていないキャロブの方が甘く感じる。紅茶の方は、むしろ味気ない。めっちゃ不思議だと思った。普通、砂糖が入っている方が僅かながらも甘く感じるはず。

砂糖が「入っていない」と甘くなる

なんでかなと、考えてみると答えは簡単だった。
呼吸の料理では、味がするかしないかわからないくらいの、超微量な調味料を加える事で、素材の旨みや甘みを引き出すというテクニックがある。考え方はそのテクニックと同じだ。
 
「やさしい味ね」まで調味料を入れるといれすぎ。
「味がついてるのこれ?」って感じだと足りない。
 
その間の、「味ついてるかわからないけれど、なんだか美味しいな」ってくらいが丁度いいあんばい。呼吸の料理の通信講座を受けた方でいうと、3つのあんばいのうち、1番目のあんばい。
微量でなく、超微量な調味料での味付け。まさか砂糖も一緒だったとは。。。
また一つ勉強になった。
>あなたも呼吸の料理勉強してみませんか??^0^
taiki

今日の夕飯、白砂糖使っちゃう??

深澤大輝
ふかさわ:週末っちゅうもんは、あっという間に終わってしまうもんだ。
先日、頂き物のシュークリームを食べたんだけど、、、うまかった!
cmではないけど、美味しいものは、油と糖で出来ている。シュークリームもまさにそれだね。お菓子を食べる最もらしい言い訳が欲しいと誰もが思うけど、お菓子に関しては、ほぼ間違いない。
お菓子は、油と糖、凝固剤の研究の上に出来上がる芸術なのだ。。。

食養家がいう砂糖の危険性

砂糖といえば、僕は心の食養をやっているので、食養家やお医者さんの先生方から、よく砂糖の話を聞く。
白砂糖は、身体や精神によくない。きっと、これを読んでいるあなたも聞いたことあるんじゃないかと思うんだけど、感情が活発に動きすぎて鬱や落ち着きのなさ、イライラ、多動なんかの成因になったりもする。
もちろん、僕も砂糖については、日常的に摂りすぎない方がいいと思っている。
昨日、子供の話が出たけど、子供が言う事を聞かない、落ち着きがない時には、白砂糖を使わない料理と生活を一定期間続けてみると割といい。

砂糖も適材適所

お菓子やジュースをとらない。家の中でも、せめて甜菜糖やきび砂糖くらいの砂糖は使いたい。
とは言っても、今やどうしても家の中だけじゃ食は収まらないから、どこか外で白砂糖を食べる機会もまぁまぁある。
それを考えれば、せめて日常食くらいは砂糖を使わない料理をする工夫をすると良いんじゃないですかって、砂糖について聞かれたときはアドバイスするようにしている。
僕も甘いものは好き。なんせパティシエやっていたくらいだから笑  でも、家でご飯作って甘い料理を食べるのは、お祝い事の時くらい。

甘みのある食べ物・・・

甘みは意外に何でも出せる。ドライフルーツでも、今の季節なら柿や梨、ぶどうなどの果物でも。
それでも足りなかったら、甘酒でもみりんでも、甘いものは沢山ある。日常の中にある甘いものや甘み、是非探してみよう。
今日の夕飯、砂糖使う予定?さぁ、どないしましょ?
>>甘みを砂糖以外でつけるなら・・・

ヘタウマ演奏家と料理

深澤大輝ふかさわ:最近、自分で作った料理を食べていて、昔先生に実験をしてもらったのを思い出した。
たくさん食べないのに、満足感のある料理とは?たくさん食べても満足できない料理とは??
そんな宿題が出て、僕なりに考えたことがある。なぜかな、なんでだろかって。。。

下手なのに上手い演奏家

それで、あるピアノの演奏家が
「いくら技巧的に上手くても、心に響かない音楽ってあって、逆に、下手なんだけど心に響いてくる音楽ってあるんですよね。そういうと、別に演奏家は下手でもいいのかって。。。笑」
みないなことを言っていたのをみて、料理も同じだなと閃いた。味じゃない、栄養じゃない何かにきっとあるんだよね。そこんとこ。
僕がフードサイコロジーで言っている食のケアの一つに「呼吸の料理」というのがあるんだけど、それは結構、この言葉がヒントになった。要は、目に見えない部分を調理する技術。

気を取り込む中医学

目に見えないというと、怪しく抽象的に思うけど、呼吸の料理は誰にでもできて、あまり怪しくないように、バックグラウンドもしっかり入れた。
中医学だとそこんとこうまく説明されている。中国の伝統医学だと、「気」「血」「津液」の3つが人体の構造とエネルギーを作っていると考えられている。この3つの関係は、鍋を想像するとよくわかりやすいけど、写真みたいにして循環しているんだよね。

鍋の水が循環していく

nabe0
火が、水を沸騰させて、そこからでた湯気(気)が、エネルギーとしまた火に戻っていく。
どっかが調子悪くなるっていうのは、この循環でどっかが活発になりすぎたり、弱くなりすぎるからと考えられている。
そりゃ、火が強すぎたら、水がなくなっちゃいますし、水が多すぎたら沸きにくくて湯気もでなく、火も小さくなりますわね。。。

エネルギーの源

そこまではわかったと、じゃぁその3つの要素の元のエネルギーってなんなのさ、どこからくるのさ?っていうのにもしっかり東洋の伝統は答えを用意している。
水穀(飲食物)や自然界の清気(空気や東洋で言う気)を人がとることで、体の気、血、津液を作り出していると考えられている。
だから、そういうの考えると、料理の要素に、栄養だけじゃなくて、その栄養の中にあるエネルギーっていうのも考える必要があるんじゃないかなって、僕は思ってててね。

素材のエネルギーロスト

じゃぁ、普通の生活で考えたらどうかっていうと、僕らが普通に野菜を買おうと思ったら、収穫されてから食べるまでかなり時間がある。
保存状態がよくなったとはいえ、素材は、畑でとれたての力強さを少しずつは失っていく。だから、料理するときには、もう一度、気合を入れ直さないと、そのポテンシャルは引き出せない。
ほら、起きるんだ!本来のポテンシャルをだすんだ!ってね笑
本来の野菜のやる気が出てくると、結構食べた後も満足する料理ができる。ほら、畑でトマトとか、きゅうりをもぎながら食べて、その後にケーキ食べよとか思わないでしょ?あ、そう考えると、ダイエットしている人には朗報かも、、、ですね。
一番手っ取り早いのは新鮮な食材を頂くこと、あとは呼吸の料理を学ぶとか。。。?1日のうちどこかで、素材の今のポテンシャルはどんなか?ぜひ思い出してみてください。
>>呼吸の料理を学ぶなら、本格講座もあります
 
 
 
でも、そろそろ、通常の食に戻そうかと、、、だって食欲の秋だしね

畑でとれたての野菜を表現する。

深澤大輝ふかさわ: 昨日、ようやくCIB通信講座のアップデートを終えてホッと一息。今回は、僕の持っている料理のアレンジや呼吸の料理のコツを詰め込めるだけ詰め込みました。
自己満かもしれないけど、今回の大幅な更新で、より良い講座に仕上がったんじゃないかなと思っています。

呼吸の料理??

ただ、それって何って方の為に、ちょっと説明しておくと、呼吸の料理は畑でとれたての野菜を再現する魔法をかける料理です。。そう、魔法です笑
魔法というのは、ちょっとジョークですが、東洋哲学でいう「気」ですね。畑でとれたてのものを食べれば、当然美味しいし生命力がある。
でも、僕らが普通頂くのは、収穫から何日も経っている場合って結構多い。スーパーの店頭や八百屋さんに、その日にとれたものが並ぶことってとってもレアです。

収穫したての生命力を取り戻す

そうすると、そういう野菜って、食べる時には、畑でとれた時ほど、生命力はないわけです。
食養とかの考えを日常的に実践される時に忘れがちなのがここで、マクロビでも薬膳でも、ローフードでも、素材の生命力がある程度のラインに達しているのが基準になっている。
だから、ここで重要になるのが、調理だったりその下処理だったりするわけです。呼吸の料理では、気と親和性の高い呼吸を指針に使うことで、トレタテ野菜のような生命力を調理で取り戻そうというところを一つの目標にしています。
食材選び、食べ方よりも、その前の段階の調理、ぜひ、意識してみてください。
>>呼吸の料理について詳しくはコチラ

意識の料理学って。。。

深澤大輝(ふかさわ):明日、いよいよ大幅なアップデートになるCIB(呼吸の料理)通信講座のチェックをしていたら、美味しさのエネルギー保存の法則という話にふと意識が止まった。
実は、料理の美味しさもエネルギー保存の法則が当てはまる。。。

チャリのエネルギー保存

小学校の時に理科で習ったエネルギー保存の法則。当時、ギア付きのチャリが流行っていたのでよく覚えている。
例えば、21段の自転車のギアを1段にすると、ペダルの重さがめちゃめちゃ軽くなって坂道を立ち漕ぎしなくても登れるんだけど、なかなか前に進まない。逆に、21段にすると重いんだけど、何周もペダルを回さなくてもある程度の距離を進むことができる。
だから、全体的に見れば、どこに存在しているエネルギー量も一定なんだと。。。そんな風に説明してもらった記憶がある。

味のエネルギー保存法則

そんなんをよく料理中に思い出すことがある。
味もエネルギー保存の法則ではないかと。。。
動物性のものって、美味しい、まぁ、嫌いな人もいるけれど、普通に食べてうまいなぁと、旨味の塊やな〜と、思う。
一方、野菜って、はぁ、優しいな〜、染み渡るな〜、素朴なうまさだな、という感じはあっても、そこまで主張する旨味とかって、最初に感じることは少ないと思う。

植物、動物のエネルギー

そりゃ、それを頂くまでにかかっている時間が、エネルギーが違うのだからしょうがない。動物は、食べ物を食べて、人の手をいくつも経て、僕らが頂く形になるわけだけど、野菜は、食べ物は食べない。
ただ、自然の光や水などの恵みを頂いて、育つことができる。もちろん、どちらにも、そこに育てる方々の愛情が加わるわけだけどね。。
だから、動物性の味を植物性で表現しようと思えば、何種類もの食材を組み合わせないとそれっぽい味は出せない
色々試して、それっぽい味が出せた時に、使った食材の数とそこにかけられた時間やエネルギーを想像してみると、動物性のものと同じくらいか、それ以上のものが総合してかけられている。
きっと、味にもエネルギーの総量があるんじゃないか。僕らは、いろんな意味でエネルギーを食べているんじゃないかって、思う。そんな風に思うと、植物も動物も奇跡的な仕組みの中にいるんだなと感動する。
それで、そのエネルギーや想いが人に活かされるとすると、想いを意識した料理もこの先、だんだんと重要性が増してくる。ぜひ今晩の食事、食べる前に、作られた過程に想いを馳せてから頂こう!
>>意識の料理学をお伝えしている日本初の講座はコチラ
 

ビーガンおせち:呼吸の料理

<<ユグラボからのお知らせ>>

P1070214
11月にランチをします!と宣言しながら企画できず、ご期待頂いた方、本当にすみませんでした。
そのお詫びといってはなんですが、代わりに、ビーガンのおせち教室を企画いたしました。
 
 

【料理教室】呼吸で料理する野菜のおせち

お申し込みはコチラ→http://ygglab.jp/reserve/
P1070236 P1070220
今年も近づくおせちの季節、今年はユグラボの野菜おせちに挑戦!
実はおせちは難しくない、普通の料理よりも圧倒的に簡単。
切って(or戻して)→煮詰める
切って(or戻して)→和える
切って→焼く
だいたいが2工程でできてしまう。もちろん3工程以上もあるけれど、今回は、ほとんど2工程のもの。
<<野菜だけでこんな料理します>>
魚を使わないのに、魚のような味がする田作り
スルメを使わない松前漬け
中東風のみりんも使わないナマス
など、いつものおせちを野菜+ちょっとアレンジして。
今回は、そのおせち4品をみんなで作ります。
ユグラボの料理教室の定番通り、最初は体操でカラダを整え、呼吸で料理をしていきます。ぜひ、普段料理しない方もご参加ください〜。
意外に料理できるじゃん、自分。。。って思うかも。。。?
詳細はこちら===================================
●11/14(土) 野菜のおせち料理教室@伊東 8,000円
10時~13時30分
住所:静岡県伊東市宇佐美1800-8 (水曜カフェ)
行き方:宇佐美駅から海へと続く商店街を
徒歩3分左側にあります。
===================================
 
料理教室に参加してみる http://ygglab.jp/reserve/
 

食べない?プラーナ率??なんだそれ!!??

深澤大輝(ふかさわ)
昨日、ある療法家と話していて、不食の話を色々と聞かされてそうなのか〜と納得した。え?不食?食べないの?と思ったのなら、きっとこの話は、あなたにも役に立つはず。
僕も、以前お世話になっていた方が不食で、プラーナを食べているとおっしゃっていたので、7年前くらいに不食の事を知ったばかりなんだけど、始めは、ばかな、そんな話があるわけない!と思っていた、、、
でも、昨日の話でいくと、どうもプラーナを食べて生きている人が海外はもとより、日本でも出てきているという。

僕らは、なんの原動力で生きているのか?

ちょっと詳しく話すと、人間が生きて行く上ではエネルギーが必要なんだけど、僕らは普通、食べ物を食べて、消化して吸収しやすい形に整えた上で、吸収をしてエネルギーとして使えるようにしている。色んなエネルギーがあるけど、中学校とかで習った例を出せば、「ATPからエネルギーをとるとADPになりますよ〜』みたいに、僕らには、生きて行く上で食べ物からエネルギーを吸収するという観点をすごく身近に思っている。
でも、プラナリアン(プラーナ食べて生きている人々)は、プラーナをエネルギーとしてうまく活用できるから、食べ物からエネルギーを取らなくても活動できるようになるらしい。それをプラーナ率(効率)っていうそう。

食物かカスミか、プラーナをエネルギーに変換する率

例えば、プラーナ率25%という人がいたら、その人が必要なエネルギーの75%は食べ物から、25%は空気中のカスミ(プラーナ)から得ているという感じ。だから、その人は、普通の人よりも25%食べ物を取らなくても、空気中のプラーナから、25%を補える。ほおほぉ、じゃぁ、仙人みたいになってくるとほぼ100%はカスミを食べて生きるってことだ。。。
っと、理論的にはわかったんだけど、本当にそうなのかと疑いたくなる。
でもさ、この前ノーベル賞をとったニュートリノとか、まだまだ見えないけど存在する物質っていうのはまだたくさんあるんだよね。だから、プラーナっていうのは何種類くらいのものの総称かとか、科学でまだ定義できないんだろうけど、あながち嘘じゃないと思う。

実は、実践してみた、、、

僕は、結構自分で体験しないと信じないタイプなので、本当にそうかやってみた。といっても、断食したわけじゃなくて、普段は大抵2食なので、だんだん1食にして、二日で1食にするとか試してみた。
そうすると、あれよと言う間に、体重が落ちて、4キロくらい落ちた。元々そんなに肉付きが良い方ではないので、結構スリムになってしまった。。。で、体調の方はどうかというと、そんなに体調的には変わらないんだけど、頭は冴えてきて、活力もやる気もある。そして、お腹は空いているようなんだけど、特に食べようという気になれず、ただ次に食べるご飯が楽しみだな〜という感じで、難なく日常も仕事もこなせた。
ほんの少し経験すると浅はかな僕は、すぐに憶測をする。もしかしたら不食って、あり得るかもな、、、と。でも、本当に一理あるかも。

「良い食材」という前提条件を超える

それで、実践してみてわかったのは、次に食べる1食の重要性。もちろん、良い食材を使うという事はあるのだけど、それ以上に大切なのは、その食材に活力があるかどうか。つまり、どうやって調理するか。難しいテクニックとかそういうのでなくて、東洋哲学でいう食べ物の中の「気」をどうやって高めて調理していくか。その観点をいれるかどうかっていうのが大切だと切に感じた。
僕らは、栄養学とか食材の陰陽とか、食材が良い状態でいることを前提にした食養の理論を使ったりするけど、今の素材が時を経ても同じかわからない。それよりも、食材が本来の状態に近づいて、お役目を果たせるように、調理してあげる必要がある。多分、それが、お金がかからなくて、お手軽って意味での日常的でシンプルな料理だと思う。
ユグラボでは、そんな料理を「呼吸の料理」と呼んでいる。今回の話を聞いて素材の性質でなく、その中身を見るという僕らの方向性は、研究しがいがあるな〜と思った。
結局、長々書いたけど、今日の晩ごはんは、いただきます!っていつもより大きな声で言ってみよう。。。笑 いただく方の気持ち、これも調理するのと同じくらい大事。(あ、大声出すなら心の中でね。。。笑
>> 
呼吸の料理について詳しく知りたい?
だったらぜひチェックしてみてください

不食と食べ物の気2

昨日は、不食で有名な秋山さんの講演会だった。
 
7月頭に参加した講義の先生から、「不食は、料理人の敵だけどおいで笑」と、お声がけ頂いたのがきっかけ。
 
僕らは普段、食べ物の何を食べているのか?そんな話が出た。お皿に料理がのってでてきたら、その中身を頂くわけで、お皿は食べない。それと同じで、食べ物を食べる時は、食べ物を食べて、その中身を食べない事が今は多い。
 
栄養学を深く信仰されている方には、ツッコミをいれられそうだけど、人間は栄養だけでは生きていられない。少なからず、食べ物のエネルギーを栄養と一緒に頂き、それを生気にしている。
 
ユグラボでお伝えしている呼吸の料理も発想は同じで、食べ物の栄養ではなく、中身を充実させようというもの。普段の料理の中で、食べ物のエネルギーを充実させる事ができる。
 
エネルギーがある料理は、食後の満足度が高く、お腹も空きにくい。そういう意味では、不食とか、少食に興味がなくても、食欲がわきすぎる、女性だけでなく、男性にも朗報なのかも。。。
 
→ 呼吸の料理を今すぐに学べる講座はコチラ
 
 
 

クロワッサン今月号:雑穀スイーツレシピ公開!

(深澤)
 
昨日の事務局の記事に引き続き、ご紹介記事になってしまいますが、、、
 
心と食の研究をしているユグラボの雑穀スイーツレシピを、マガジンハウスさんから出ている、「クロワッサン」という雑誌にご紹介頂きました。(コンビニや書店でご覧いただけます。)
 
11709434_1110609752300231_3303285193963203849_n
 
 
今回は腸にいいレシピということで、雑穀を使ったスイーツの企画を頂きさせて頂きましたので、材料は動物性素材を使わないものにしました。別にアンチ動物性食品ではないですが、せっかくなので、植物性で。
 
レシピってその時の自分ブームの調理法を使いたくなってしまうもので、後から気付けば、あんまり教えたくなかったレシピも公開してしまいました。。。笑 掲載されているアマランサスマドレーヌとかは、まさにそれですね、、、ぜひごらんください。
 
あとがき。。。
これは裏話ですけど、このクロワッサンの打ち合わせをしに行った時、当日のレシピの打ち合わせはほとんどなくて、フードサイコロジーの話で終始もちきりだった。
 
内心、大丈夫かな;;と思いながらも、聞いていて食だけでなく、心のケアが大事だというのは、もう社会全体の常識になりつつあるのかなって思った。そして、心のケアがなんだか医療とか特殊なカテゴリーであるかのように捉えられているねって話も出ていた。
 
体が病気を治すように、体が心をケアする能力も持っている。食で体をケアして、心の自然治癒を高めるフードサイコロジーのアプローチっていいねなんて話をして頂きました。
 
それで、今回の企画には趣旨が違うので、載せられないとのことだったけど、フードサイコロジーもどこかで企画できたらってお話もありましたので、どこかで出たらお楽しみに〜。あ、今回の企画にもちょこっとでてますよ(名前だけね笑)
 
今週末は、静岡県でフードサイコロジーの相談会。
(告知が遅くなり、先に席がうまってしまっていますが、お時間合う方はぜひ。)
 
以下、今週末の告知です。
フードサイコロジーの相談会:1枠45分:6,000円
 
【満員御礼】7月17日(金)@水曜カフェ
時間 14:00〜17:00
場所 静岡県伊東市宇佐美1800-8  やおやの内野

 
@富士山麓
【あと2枠】7月18日(土) 時間 10:00〜18:00
【あと1枠】7月19日(日)     時間 14:00〜18:00 
場所 静岡県富士宮市内房3895-8
よりあいどころ(深澤フーズ)http://fukasawafoods.com/

 
詳細、お申し込みは、こちらからお問い合わせください。