外国語を学ぶなら同時に勉強するといい

(深澤)
 
「外国語は5つくらいは、同時に学習するといいよ。」
 
これは、このままではないけれど、僕が学生時代、僕がよく言われていたことだ。(当時は、聞いてないフリしてましたけど。。。笑)
普通に聞いたら意味わからん、無理無理。。。ってなりそうだけど、実は、フランス語、イタリア語、スペイン語くらいなら同時学習をすると効率が上がったりする。。。
 
先日、学生時代の教授の話を出したからか、今年は、仕事にするつもりはないけれど、スペイン語を教えることになったり、昨日も、フランス語のレッスンを頼まれ、こっそりと忘れかけたフランス語を思い出しながら、怒涛の集中レッスンを行った。(フランス語教えるなんて何年ぶりだろうか。。。もうリスニングはできないだろうな。。。笑)
Photo 09-04-2015 23 50 52
まぁ、意外に覚えてるもので、やってみると結構活用も自然と出てくるし、全然覚えてる。フランスにいた時に、必死に毎日辞書を引いて、買い物したり、人と話したりした時の感覚が、意外にも、体に染み付いているものだ。
実は、フランス語を忘れていても思い出せた一つに、スペイン語やイタリア語を覚えてたからというのがある。彼女ら(フランス語、スペイン語、イタリア語)は、姉妹なので、よくにているのだ。
みんな言語学習をするときに、一つの言語(英語だったら英語だけ)をすることが多いけれど、いくつかの言語をやってみると、共通の根っこが見えてくるからか、フランス語をやっているのに英語ができるようになることもあるし、フランス語を忘れても英語から思い出せることもある。
でも、これって言語だけに言える事ではないな、って、勘のいい人ならわかったはず。どの分野でも実はそうだったりする。周りをぐるっと一周するように勉強することが、結果的に、本来の筋道を助けることになる。
例えば、個人で事業されている方で、ビジネス系のセミナーに出て、集客メソッドやシステムについて学ぶよりも、問題解決力や想像力を発揮できるセミナーに出た方が、よっぽど役に立つ。
僕は、ウェブ関連のデザインやアドバイスなども副業でしてきているけど、お金をかけるのはウェブや集客じゃないでしょっていうくらい、よくわからなくイメージだけで行動している方は多かったりする。
それなら、もっといい投資の仕方があるんじゃないかなと思って、昨年から、本格的な6ヶ月講座を始めた。今月、末から2期が始まるけれど、前期では問題解決力、後期では想像力の発揮をメインに、どんな状況においても、自分のパフォーマンスを発揮してその人らしい人生を送れるように、食や心、体、など幅広いアプローチを実践的に学ぶ。
調べてみると、実際の企業でも、そういう経営を無意識の内にしているところは結構あり、例も紹介しながら、日常に落とし込んでいく講座になっている。
 

→ 少人数制ですので、ご興味のある方はお早めに

 

最新海外流ワークスタイルは昔スタイル??

(ゆうき)
3月末、そろそろ秋の気配を感じるものの、日中はまだ30度越えの気温が続くブリスベンです。
 
先日、ゴールドコーストにあるマウントタンボリンへいってきました。
サーファーズパラダイスから車で45分くらいのところ。
近くには、世界遺産にもなっている森、ラミントン国立公園グリーンマウンテンもあります。
山頂からはゴールドコーストのパノラマが展望でき、おしゃれなコテージ、カフェがならび、
また、アーティストが多く住んでいることからギャラリーウォークと呼ばれる通りには、
陶器や工芸品などを扱うおしゃれなお店もたくさんあります。
頂上からの景色、カフェからの景色の、雄大さ。
くうきがより澄んでいて、肺の奥深くまで呼吸が通る気持ちの良い感覚。
土地自体もとてもパワーがあります。
ただそこに居るだけで、なんだか癒される感じのする場所。
そこに住んでる人たちも、ベランダや、デッキで優雅に景色を眺めながら過ごす。
アーリーリタイアした人や、老後の生活を優雅に過ごす人といった感じです。
S__3817488
オーストラリアの多くが、シティから少し離れるとすぐに雄大な自然あふれる土地へと景色が変わります。
特にこのクイーンズランド州は、シティ自体もさほど大きくなく、車ですぐに海や山といった自然の中に行くことができます。
オーストラリアでの生活は、とても自然のリズムに沿っている気がします。
朝早く起きて夜は早く寝る。カフェも朝から出勤前の人で溢れています。
日本の様に夜遅くまでやっているお店はほとんどありません。
会社帰りにどこかでお茶でもと言ってみても、開いているのはバートそれに準じるお店程度。
木曜日のみがショッピングデーでショッピングセンターなどは21時まで開いていたりしますが、
普段は17:30には閉店してしまいます。
オーストラリアに来てすぐのころは、スーパーに行きそびれてしまって何もない夜を過ごしたり、
夜の時間をやや持てあましたりする感じがしましたが、このリズムに慣れてくると、健康的だなと感じる部分や、
家で過ごす時間、家族で過ごす時間の使い方について考えさせられる部分があります。
S__3817486
オージースタイルの休日の過ごし方は、まさにアウトドア。
外に出て自然の中で家族で何かをするスタイルがとても一般的。
キャンプとまではいかなくても、公園で過ごす、BBQを自宅でする。
どの家庭にもBBQセットは必需品。隣近所や友人と集って、お酒とBBQと…。
リラックスの休日がそこにはあります。
日本の生活と比較すると、
オーストラリアの生活は、働きすぎることなく、ゆったりとした時間をしっかりと確保し、
家族で楽しむことがとても大切にされています。
文化や歴史的背景の違いはありますが、違う土地で生活をしてみると、
自分の価値観や生活観にはなかったものが見えてきます。
勤勉さは日本人の誇るべき国民性の一つでもあります。
ただ、ストレス社会、過労、うつ病などが当たり前の様に言われている現在の日本にとって、
少し取り入れるべき要素がここにはあるのではと感じています。
生きづらさとして感じている人も、それにまだ気づいていない人も、少しそれを手放せるような
きっかけがきっと必要なんだろうなと。

Don’t work to0 hard.

S__3817487
こちらの家族の中で当たり前に使われているこのフレーズ、日本の家庭にも必要なフレーズなのかなと感じます。
日本の企業も少しずつ変化してきていますね。
ホワイト企業と呼ばれる企業が注目され、働くということが少しずつ見直されてきています。
日本の働き方も少しずつ変わり始めている。
働く人が気持ちも身体もどのようなコンディションなのかはとても重要なこと。
そこにアプローチできるきっかけになれるようなことが出来たらよいなぁと、そんな風に思っています。
 

→ 私がオーストラリアに行くのに一役になった講座はこちら

どんな良薬にも勝る「 人 」のチカラ

@ オーストラリア (ゆうき)

先日のケアンズの旅行から一変し、ブリスベンの夏のピークは過ぎてきた様子です。

朝、晩の風が涼しく、時には肌寒いように感じられますが、それでも日中の日差しは十分夏を感じられる、そんな陽気です。
 
さて、今回は私がなぜマッサージを学ぼうと思ったのか、少し書いてみようと思います。
 
みなさんは、人が人に触れるということをどのように感じますか?
 

背中をさすってもらったとき、

頭をなでてもらったとき、

大切な人とハグをしたとき…

 
その時の感覚、思い出せますか?
 
病院で働いていた時、私の勤務する病棟には、がんと共に生きる人、自己免疫疾患など完治する方法のない病と共に生きる人がたくさんいました。。。
 
その多くの人が、病そのものや、入院生活による様々な苦痛と共に生活していました。
 
特にがんと共に生きる痛みは、現在の疼痛緩和療法でモルヒネなどの麻薬製剤を使用しても取り除くことが難しい場面がたくさんありました。それは痛みの原因が、身体的な原因だけではない要素を多く含んでいるからです。
 
想像してみてください。
 
痛みと共に眠ることはできず、一人の夜。
 
そして死を感じずにはいられない一人の夜。
 
それはきっと痛みを何十倍にも増強し、痛み止めを使ったとしても取り除くことは難しいということを、少なからず感じられるのではないでしょうか?
 
ではそのような状況で、何が効果的だったか?
 
それはやはり 人 の力でした。
 
特に家族の力は本当に偉大だと私は感じました。
 
そっとそばにいるだけでも効果はありますが、家族の手が身体、または痛みのある部分に触れていること。その手と愛情が生み出す効果は本当に素晴らしいものでした。
 
愛情をもって寄り添い、触れるそのケアは、どんなに薬を使用しても取り除くことができない痛みを取り除くことができていました。不安や恐怖といった精神的、死への対峙といったスピリチュアルな部分へ、そっと安心感を与えることができるケアがそこにはありました。
 
またそれは、代わってあげたい何かできないだろうかと、無力感と共に日々過ごす家族にとっても、大きな意味のあるケアでした。私は家族ほどのパワーはないかもしれないけれど、看護師としてもそのケアを提供できる人でありたいとそんな風に思いながらケアを考える日々を過ごしていました。
 
がんを例にあげましたが、人が人に触れるケアが生み出す効果は、病や病院に限ったことではなく、私たちの日常の中のいたるところに存在しています。特に家族の中では気づいていないだけで、人が直接触れるケアがしっかりと存在しています。
 
私はケアを直接提供できる人でありたいと思うとともに、そのケアの効果を伝えられる人でありたいと思うようなりました。
 
まずは私自身が効果的なケアを提供できる人でありたい。その為にマッサージやセラピーを学ぼうとまず決めたのでした。世の中にはたくさんのマッサージやセラピーがあふれていますが、その中でオーストラリアのリメディアルマッサージをまずは選びました。
 
次回はオーストラリアのリメディアルマッサージについて触れてみようと思います。
 

トリートメントも合わせて、ライフケアを丸ごと本格的に学べる講座はコチラ

→ http://yggoffice.jp/yola/fpformer/

たまらずシェア、クラシックとロックの分かち合い

昨日、あるワークをする事になって、色々と話が盛り上がった。
(またワークの詳細は書きますね。)
 
それで、人の価値観は様々という話になった。その中で今は、判断がきっちりできる時代になったから、いろんな価値観をもった人が出てきて、当然、そこに摩擦も生まれているんだけれど、他人の価値観に共感しすぎず、また、離れすぎないで、ただ見ているという視点を加えると、そのいいところが見えてくるという話をした。
さらに読む

経営改善の為の、エッセンシャルリスト。

こんばんは!
珍しく商業的なタイトルですが、
もしあなたが経営者なら、どういう風な事を思いますか?
 
・集客力アップ?
・客単価をあげる導線づくり?
・リピート率向上の為のしかけ?
 
ま、どれもそうなのですが、
もっと根本的なものがあります。 さらに読む

なぜ流れに身を任すとクレームがくるのか?

先日の続き。
なんで、フロー型の経営カウンセリングに
変えるとクレームが入るのか。
フロー型は、現在の管理型経営と異なり、
上に立つ人が、指示命令を
なるべくしないマネジメント。
言い方を変えれば、
見守りのマネジメント。
なーんだ、簡単じゃん、
と思われるかもしれないが、
実際にやるととても難しい。
簡単なように見えるけれど、
自分がやれば、早く、
効率的に出来る仕事を、
人に任せてそれを見てるのは、
苦痛を伴う。
フロー型の経営は、
上に立つ人ほど、
心の勉強をしなければならない。
ただ単に表面だけ、
良い人、を装ってもうまくいかない。
さらに読む

人生の流れにのってしまう人

フードサイコロジーのセッションは、
問題や不調を克服しながら
人生のフローに入ってしまうセッション。
フローとは、チクセントミハイが提唱したもので、
自分がそんなに頑張らなくても、奇跡的な偶然に出会うようにして、
様々な事がうまくいくだけでなく、自分が思う以上の事が、
結果的に出来てしまうという不思議な現象。
スポーツの世界では、ゾーンと言ったりして、
目の前の事に入り込んでしまうように集中している状態で、
最近では経営学にも取り入れられて、
世界中で成功事例が上がって来ている。
そんな事が本当にあるのかと不思議に思われるかもしれないが、
実際にセッションでも頻繁に起きている。
先日、メールを頂いた。
周りの人への感謝の気もちが、
依然とは比べ物にならないほど沸いてきて、
人生が本当に味わい深くなっている。
不思議な事に、自分が欲しいと思っていた、
ペンケースや、ペンが、誰にリクエストしたわけでもないのに、
友人からプレゼントされた。
こんな人生が、本当にあっていいのか。
という、喜びのメールだった。
フローな状態に入っていくと、
自分から動いていく人生ではなく、
自分が思う事で、周りが動き、結果として、
自分の思う以上の結果が、自然と起きていく。
自分の心に向き合うだけで、
何も言わずとも、周りが勝手に変わってしまう面白さをしると、
この世にいながら極楽を味わうがごとく、
とても豊かで、実りある人生になる。
この方は、もうその喜びを知ってしまったのだろう。
昔は、哲学書や、宗教上の能書きだろうと思っていた事も、
サイエンスや心理学などの学問が追いつき、
現実に実現できる世の中になってきた。
本当に楽しみばかりがある、
それぞれの人生は素晴らしくも、愛おしい事ばかりだ!
 
◆フードサイコロジーの食と心のメルマガ
*登録はコチラから
:::::::フードサイコロジーのセッション:::::::
■失敗パターン解消セッション——————————————————————–
恋愛・仕事の失敗パターン、うまく行かないパターンを解消
*詳しくはコチラ
■人間関係の問題解消セッション—————————————————————–
職場、パートナーとの人間関係の問題を解消
*詳しくはコチラ
■繰り返す心や体の不調解消セッション——————————————————-
なかなか治らない、よく繰り返す心や体の不調癖を解消
*詳しくはコチラ
さらに読む

音が形になるフォネティックシンボル

音の振動で砂上のものを震わせ、
結果として図になっていく。
サイマティクス(音振療法)と呼ばれるもので、
現在は、医療にも幅広く応用されている。

実はこの仕組みはフードサイコロジーで応用している
バイオレゾナンスも使っている。
動画のように一度形ができた後、砂を崩しても、
同じ周波数で振動させると同じ形になる。
例えば、肝臓なら、肝臓の周波数というものがあり、
それを本来の周波数から歪んでしまった
肝臓に与えることで、元の正常な肝臓に戻そうという具合だ。
ドイツのバイオレゾナンスでは、
固有の周波数の正常値を計っている。
その為、周波数を体に流して、
それと共鳴反応を起こすかどうかで検査が可能になる。
話は戻るが、このサイマティクスでは、
音が図形になっている。
師の実践により教えていただいたが、
図形もしっかり作ると、
生態の共鳴反応が顕著におきる。
周波数が形になっているわけだから、
それは当たり前といえば当たり前だ。
フードサイコロジーでのセッションも、
時に図形を使うことがあるが、
これは、まさにこの原理による。
これからどんどん新しい観測法や、
方法論が出てきそうで、まだ楽しみはつきないけれど、
実は、宗教のトレーニングや、
歴史ある療法には既にこういった原理があったりする。
だんだん文明が進んでやっと分かってくるものを、
当然のようにやってきていた人類の歴史の深さに
ただ感動する。
 
■フードサイコロジーの my life セッション——————————————————————–
人間関係やパートナーシップ、恋愛、仕事などで気になっていたり、悩まれている事、また心身の不調などを、食と心のアプローチで解決していくセッション。人生の大きな流れに乗って、結果的に、夢や、やりたい事をしている。そんな、あなただけの人生を始めるセッションです。
*詳しくはコチラ
■食べない料理学講座(近日中公開)——————————————————————–
フードサイコロジーの食べない料理学がリニューアルします。不調を探す食べないスパイスやボディーワークなど、自分でセルフケアができるようになるコースです。今回は、もっと実生活にいきる、ノンバーバルコミュニケーションが取り入れられています。
*詳しくはコチラ
■呼吸の料理教室(近日中公開予定)——————————————————————–
フードサイコロジーの柱である、呼吸の料理を実際に学びます。料理を通して、感覚を磨き、呼吸を通して、ライフマネジメントを学ぶコースです。
*詳しくはコチラ
■出張セミナー依頼——————————————————————–
セミナーを出張で受ける事も可能です。下記よりお問い合わせください
*詳しくはコチラ
 
 
 

日本のサムライフットボールがやばい

少し話題がそれけれど
最近のCMよく作られているものってとても多い。
昨日公開されたCMに感動したので、
ちょっとシェア。
人はまだまだ可能性が果てしないんだなと思う動画。

 
おかげさまで、予想外の反響を頂きました。
ありがとうございます。

調整のため、コンサル&コーチングセッションは、
一旦、募集を締め切らせていただきます。
◆コンサル&コーチングセッション
詳しくはコチラ
 
■今後の開催イベント——————————————————————–
・7月6日(日)  近日中に募集を始めます。
 第2回 呼吸と食・心の人生始まりセミナー(食事付き) @麻布
 食と心のとても濃い会になりそうです。ピンと来た方は是非おこしください。
 初めての方でもお楽しみいただけます。
 *詳しくはコチラ
 
■フードサイコロジーのセッション——————————————————————–
人間関係やパートナーシップ、恋愛、仕事などで気になっていたり、悩まれている事、
また心身の不調などを、食と心のアプローチで解決していくセッションです。
セッションをされた方は、不思議と、自分らしい人生が生きられるようになっていきます。
*詳しくはコチラ
 
■食べない料理学講座——————————————————————–
フードサイコロジーの食べない料理学がリニューアルします。
不調を探す食べないスパイスやボディーワークなど、
自分でセルフケアができるようになるコースです。
今回は、もっと実生活にいきる、
ノンバーバルコミュニケーションが取り入れられています。
*詳しくはコチラ
 
■呼吸のマネジメントクラス——————————————————————–
フードサイコロジーの柱である、呼吸の料理を実際に学びます。
料理を通して、感覚を磨き、呼吸を通して、ライフマネジメントを学ぶコースです。
*詳しくはコチラ
 
HPリニューアルしました————————–
Ygg Lab.(ユグラボ)  http://ygglab.jp/

怠け者の読書

Photo 2014-05-21 14 29 51
最近、ツイッターを個人的に始めて、
le mondeやle figaroなどで、
好きな記事を呼んでいたら、
いよいよ語学力が落ちてきたのを実感し、
手始めにフランス語を読み始めてみることにした。
本棚を探していると、
芹澤光治良の「巴里に死す」がでてきた。
Photo 2014-05-21 14 30 27
古くて、もうぼろぼろの本。
日本語でも読んだ事がある本で、
ちょっと読んだけれど、
やっぱり言語が違うと訳者の意図も考えながら読めて、
2倍楽しい。
 
 
梅雨ももうじき来るし、
雨の日に読みたい本リストなんて作っても
いいんじゃないでしょうか。
ちょっと横道日記でした。
 
 
【::以下お知らせです::HPリニューアルしました。Ygg Lab.(ユグラボ) http://ygglab.jp/】
■今後の開催イベント——————————————————————–
・214年6月8日(日)
開催「過去」「現在」「未来」食と心のデトックスセミナー @麻布

 食と心のとても濃い会になりそうです。ピンと来た方は是非おこしください。
 *詳しくはコチラ
 
■フードサイコロジーのセッション——————————————————————–
人間関係やパートナーシップ、恋愛、仕事などで
気になっていたり、悩まれている事、
また心身の不調などを、食と心のアプローチで解決していくセッションです。
セッションをされた方は、不思議と、自分らしい人生が生きられるようになっていきます。
*詳しくはコチラ
 
■食べない料理学講座——————————————————————–
フードサイコロジーの食べない料理学がリニューアルします。
不調を探す食べないスパイスやボディーワークなど、
自分でセルフケアができるようになるコースです。
*詳しくはコチラ
 
■呼吸のマネジメントクラス——————————————————————–
フードサイコロジーの柱である、呼吸の料理を実際に学びます。
料理を通して、感覚を磨き、呼吸を通して、ライフマネジメントを学ぶコースです。
*詳しくはコチラ